歯周病

歯槽膿漏の痛みをすぐに鎮める方法と根本的治療

5438a9956ace54ad8086919c21caf759_m
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

22,883view

「歯槽膿漏」は歯周病の中で最も悪化した状態のことをいいます。赤く腫れ上がった歯茎が退縮を始め、歯と歯茎の間に隙間ができて膿まで排出する病気です。そして、痛みがずっと続くような状態は非常に危険なことを意味しています。

歯槽膿漏によって痛みがずっと続いた場合、歯医者さんでの治療が必要になってきます。しかし、いますぐ痛みを止めたいという場合は、市販の痛み止めを服用して一時的に痛みを和らげましょう。応急処置をしたあと、すぐに歯医者さんの予約を試みることです。

ここでは、歯槽膿漏の痛みをすぐに止めるための手段を紹介し、歯医者さんでの治療の仕方もお伝えします。ぜひ読んで参考にしてみてください。
自分に合った歯医者さん探しはこちら

1.歯槽膿漏の急な痛みの治し方

1-1 「鎮痛剤」を上手に服用し、痛みを和らげる

歯槽膿漏の痛みを早く抑えたいという場合には「鎮痛剤」を服用するのもおすすめです。薬局でも販売している市販の「ロキソニンS」というお薬が有効的であると聞きます。

「ロキソニンS」は痛みが出たらすぐに飲むことをおすすめします。痛みを我慢し続けると、痛みの原因物質が増えて痛みの抑制が効かなくなってしまうと言われているからです。鎮痛剤を上手に服用して、突然の痛みを回避しましょう。

「ロキソニンS」

ロキソニンS
【出典】http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/

市販で売られている「ロキソニンS」は、医療機関で処方されている「ロキソニン」と同じものですが、医療用と違う点は、決められた時間に服用するのではないことと、短期使用を目的としているということです。医療用としても使用される鎮痛剤ということは、「痛み止め」として処方するお薬としては有効であるといえるでしょう。

ただ、鎮痛剤は一時的に痛みを抑える働きがあるだけで、歯槽膿漏の根本的な治療にはなっていません。鎮痛剤の服用はあくまで応急処置として考え、突然の痛みで歯医者さんへすぐに行けないという場合だけに限りましょう。

1-2 十分な睡眠を取り、疲れをとる

歯槽膿漏の痛みは、身体が疲れている状態に起きやすくなります。歯茎は身体の変化を敏感に感じ取るので、痛みを感じるときは安静にして早めの睡眠を取ることを心掛けましょう。自分の身体の調子を整えることが、歯槽膿漏の痛みを緩和させる大切な手段の一つなのです。

1-3 歯茎が退縮して、知覚過敏になっている場合の対処法

歯槽膿漏になると歯茎が退縮して、歯と歯茎の間に隙間ができます。歯の根っこまで見えるようになると、その歯の根っこの象牙質が冷たい飲み物でしみて痛い場合があります。この症状を「象牙質知覚過敏」といいます。悪化してしまうと歯ブラシが触れただけで痛みを感じてしまいます。

その場合の歯磨きのやり方として、柔らかめの歯ブラシを使いながら、退縮した歯と歯茎の間をやさしく丁寧に磨いてみてください。歯磨きはどんな場合でも必ず行うようにして、プラークが溜まり続けないように努めましょう。

2.歯槽膿漏の痛みを感じたら、迷わず歯医者さんへ!

2-1 歯医者さんで行う基本治療

歯槽膿漏の痛みを感じ始めたら、すぐに歯医者さんに診てもらってください。「鎮痛剤で痛みが治まったから」「少しの痛みだから大丈夫」と思っていると、やがて痛みがずっと続くようになり、手遅れになりかねないからです。

歯槽膿漏の治療は、歯医者さんで行うプラーク除去により改善を目指していきます。歯と歯茎の間につまったプラークはどんどん溜まっていき、歯磨きだけでは対処しづらくなってくるのです。そんなときは、歯医者さんで「スケーラー」と呼ばれる特殊な器具でプラークを除去する「スケーリング」や「ルートプレーニング」と呼ばれる歯周病の基本的な治療方法があります。

2-2 外科治療で治す

「スケーリング」や「ルートプレーニング」で症状が改善されない場合は、外科治療を施します。この外科的治療法を「フラップ手術」と呼んでいます。これは、麻酔をして歯肉を切開することで、隠れたプラークや歯石を取り除いていく手術です。また、溶けてしまって形の悪くなった骨を整え、きれいに仕上げます。

治療中は麻酔の効果で痛みはありませんが、術後に傷口が痛み出すことはあります。そのため、痛み止めと術後感染の予防のための抗生物質が処方されるようになっています。

2-3 最新の治療方法で治す

歯槽膿漏を治す手段として、2000年に入ってから最新の治療法が生まれ始めました。これから、その治療法を紹介していきます。

◆エムドゲイン療法

幼若のブタの歯胚から抽出再生した薬を使って、歯周組織を再生させるという治療法があります。歯肉を切開してプラークや歯石を除去したあとにその薬剤を注入していきます。

この治療で再生できる骨は50~90%(人によって違う)といわれていて、骨が部分的に溶けてなくなってしまった場合に限ります。全体的に骨がなかったり、根っこの先まで溶けてしまった場合には、残念ながらこの治療は行えません。

また、この治療法は保険外治療なので、費用は5万円ほどかかります。

◆3DS除菌療法

自分の歯型の「マウスピース」を作り、その中に歯周病菌を殺菌できる薬剤を入れて歯に装着します。薬剤が歯に直接届きやすいので、殺菌効果が高まるというわけです。「エムドゲイン療法」で歯の骨を再生してから行うと、さらに効果が期待できます。

詳しくは『歯槽膿漏がもたらす臭いの原因とその対策』を参考にしてください
地元で歯周病治療ができる歯医者さんを検索

3.時と場合による“痛み”の対処の仕方

歯槽膿漏の痛みは人によって“かたち”がさまざまです。「真夜中に急に痛み出す」「たまに痛み出す」「痛みがずっと続いている」あなたの痛みのパターンはどれでしょうか?これまで紹介してきた解決策を整理し図に表してみましたのでご覧ください。

歯周病 痛みの対処方

4.まとめ

歯槽膿漏の痛みが突然やってきたら、鎮痛剤を服用して早めの睡眠で身体を休めることが大事です。そして、すぐに歯医者さんを予約して根本的な治療をしてもらいましょう。歯槽膿漏の痛みは早めの対策と適切な治療で改善できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加