歯周病

歯周病は怖い!“痛み”を消し去る対処法

47c619385d5266c5304039c34d2f50bb_m
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20,286view

自分に合った歯医者さん探しはこちら

歯周病の痛みを「一刻も早く止めたい!」と思ったとき、あなたならどうしますか?すぐに歯医者さんへ行けない場合、何とかして痛みだけでも鎮めたいと思うはずです。

歯周病は“痛み”を感じる前に最初は歯茎の腫れや出血の症状が生まれますので、歯周病のせいで歯茎が痛いという場合には、すでに進行している可能性があります。一番は歯医者さんに行って診てもらうことですが、すぐに行けない場合は、鎮痛剤を服用するなどして、痛みを緩和させましょう。

ここでは、歯周病の痛みを和らげる方法と、歯医者さんでの根本的な治療方法まで紹介していきます。ぜひ読んでみてください。

1.歯周病の“痛み”を止める方法

1-1 「ロキソニンS」で痛みを抑える

歯だけではなく、歯周病による歯茎の痛みを何とか和らげたいと思ったら、市販のお薬である「ロキソニンS」を試してみましょう。痛みに早く効くと言われているお薬です。一時的に痛みを和らげるうえでは有効なお薬といえます。

「ロキソニンS」

ロキソニン S 12錠

【出典】http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/

 1-2 患部を冷やす

痛みを和らげるために、患部を冷やしてあげることも有効です。冷えたタオルや氷を使って試してみましょう。歯茎が痛むということは、血液により内圧が高くなって歯茎が腫れ上がっているからです。冷やしてあげることで内圧を下げ、痛みを緩和させることができます。

1-3 軟らかめの歯ブラシでブラッシング

 歯茎が痛むからといって歯磨きを怠ってはいけません。患部を軟らかい歯ブラシでやさしく磨いてあげることで、歯周病の原因となる細菌をこれ以上増やさないように心掛けましょう。

2.歯医者さんで歯周病を治療

ここまでは、歯周病の痛みをすぐに止めたい場合の対処法を伝えてきましたが、あくまでも、これらは応急処置にすぎません。歯周病による痛みを完治させるには、やはり歯医者さんに診てもらうことが一番なのです。鎮痛剤などで痛みを和らげても、痛みはまたすぐにぶり返してきます。すぐに治療してもらえる歯医者さんを探して、早急に対処しましょう。

歯医者さんで行う歯周病治療は、進行度によって変わってきます。初期の状態であれば、歯磨きを丁寧に行いながら改善を目指す「歯磨き指導」を行います。

しかし、歯茎に“痛み”を感じる症状の場合、歯周病が進行して歯槽膿漏(しそうのうろう)になっている可能性は否定できません。不安な場合は歯医者さんに行き、早めに治療をしてもらわないと、簡単な治療では済まなくなります。抜歯をしなければいけないことも考えられますので、歯周病は本当に怖い病気なのです。

◆歯周病の進行度で異なる治療方法

下記の図形は、歯周病の進行度をピラミッド型で表しています。進行度によって治療の仕方も異なり、てっぺんに近づくほど難易度も高くなります。

歯周病の進行度ピラミッド

・歯磨き指導

初期状態の場合は歯医者さんで正しいブラッシング方法を指導してもらい、歯周病のさらなる進行を防ぎます。

・プラークや歯石の除去

歯周病の原因となるプラークや、歯にこびり付いた歯石を専用の器具で除去していくやり方です。

・歯周外科

麻酔を施したあと歯茎を切開して、見えない部分の歯石まで除去するやり方です。

・抜歯

歯周病の進行度があまりにひどければ、そのまま放置した場合、隣の歯にも悪い影響を及ぼす可能性があります。そのときは、最悪「抜歯」というケースが考えられます。

 3.歯医者さんを探す

全国には歯周病治療に真剣に取り組んでくれる歯医者さんがたくさんあります。歯周病にならないために「予防歯科」を行ってくれる歯医者さんや、すぐに治療してもらいたいときに、手軽にオンライン予約ができる歯医者さんもあります。ぜひ自分に合った歯医者さんを探して治療してもらいましょう。

オンライン予約できる歯医者さんの検索はこちらからできます。

 4.まとめ

歯周病の痛みは鎮痛剤を飲んだり、患部を冷やすことで何とか痛みを取り除くことができます。しかしそれは、痛みを一時的に抑えているだけであって、歯周病を治療したことにはなっていません。痛みが再発して苦しい思いをしないためにも、歯医者さんで早めの治療を行うべきです。大切な歯を失わないために、最善の努力をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加