歯の異変

前歯が痛いときに考えられる6つの原因とその治療法+予防策

48,518view

歯の痛みの中でも、前歯の痛みには特に注意が必要です。額に突き抜けるような不快さがあるだけでなく、さまざまな病気がひそんでいる可能性が懸念されるからです。

虫歯はもちろんのこと、咬合性外傷、知覚過敏、歯髄炎、歯周病、根尖性歯周炎など、前歯の痛みの原因は前歯の奥にひそんでいることが大半なのです。

たかが前歯の痛みと思って放置しておくと、それらの病気がどんどんと進行していってしまうでしょう。こちらでは、それぞれの原因と適切な治療法について詳しく解説します。

1.前歯が痛いときに考えられる6つの原因

顔面全体に響くような前歯の痛みは、非常に不快なものでしょう。不快なだけでなく、前歯は奥歯にくらべて特殊な痛みが出やすいので注意が必要です。ここでは、それぞれの原因について見ていきます。

1-1 虫歯

前歯の痛みのもっとも代表的な原因のひとつが虫歯です。虫歯とはいわば、虫歯菌の出す酸によって歯が溶かされてしまう病気です。特に注意が必要なのが、裏側から溶かされている場合です。

虫歯による侵食の場合、表側より裏側の方が気づきにくく、痛みを感じて自覚することが多々あります。

1-2 歯周病

歯周病とは、歯と歯茎の間に細菌が繁殖して、歯のまわりに炎症が起きる病気のことです。歯茎だけが炎症を起こしているものを歯肉炎、悪化すると歯槽膿漏になり、最終的には歯を失ってしまうことにもなります。

歯周病は細菌の塊の歯垢が原因となるので、毎日のブラッシングできれいに取り除くことがとても大切です。また、放置したままでいると糖尿病や動脈硬化を引き起こすこともあるので、十分に注意しなくてはなりません。

1-3 知覚過敏

知覚過敏は、虫歯などが何もないのに、風にあたっただけでも歯に痛みを感じる症状のことです。通常、歯の表面はエナメル質で覆われているため、痛みを感じません。

しかし、何らかの原因でエナメル質の内部にある象牙質が露出することで、些細な衝撃や接触で歯が痛んでしまうのが知覚過敏です。

1-4 歯髄炎

歯の奥には、歯髄神経と血管が通っている歯髄と呼ばれる部分があります。この歯髄が細菌に感染したり、外傷を受けたりするなどして刺激を受け、炎症を起こす症状のことを歯髄炎といいます。

知覚過敏と症状が似ているため、間違われることも少なくありません。

1-5 歯の根まで炎症が及んだ「根尖性歯周炎」

虫歯を放置したままでいて、そのまま歯の奥の方まで炎症が広がってしまった状態を根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)といいます。

あまり痛みがないことも多く、気がつきにくいのですが、歯茎がぷくっとふくれるなど外見の異常で発覚することもあります。ただし、急性根尖性歯周の場合には、非常に強い痛みを伴います。

1-6 咬み合わせの異常「咬合性外傷」

前歯が痛んだら咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)の可能性もあります。咬合性外傷とは、歯と歯の咬み合わせの力の異常によって、歯周組織に起きる損傷のことです。

放置しておくと、歯の神経が死んでしまったり、顎の関節が痛んだり、頭痛を引き起こしたりすることもあるので要注意です。

2.前歯が痛いときの治療法

前歯の痛みの原因にはさまざまなものがあります。前歯の裏側は歯ブラシでは磨きにくく、虫歯にも気づきにくい場所です。

また、奥歯とはまた違う不自然な力がかかりがちで、咬合異常なども起こしやすいのです。では、それぞれの原因にあった治療方法について説明していきます。

2-1 虫歯の治療

虫歯は、進行段階によって必要となる治療方法が異なります。まだ初期段階ならば歯科で適切なブラッシング指導をしてもらい、毎日続けることにより自然治癒も望めます。

しかし、ある程度進んでしまったら虫歯を削り、そこに詰め物や被せ物をしなければなりません。さらに悪化してしまった虫歯は神経を抜いたり、抜歯をしたりする必要もあります。

2-2 歯周病の治療

まず、歯周病の原因となる細菌の巣になっている歯垢や、歯石をとりのぞくことが治療の第一歩です。奥にまで入り込んでいる歯垢は、歯茎を部分麻酔して切開するフラップ手術が必要な場合もあります。

また、失われた歯周組織を再生する「エムドゲイン療法」と呼ばれる治療法もあります。

2-3 知覚過敏の治療

軽度の知覚過敏症ならば、自然治癒することもあります。また、自宅で歯磨きを行う際、硝酸カリウム入りの歯磨き粉を使って神経を鎮める方法があります。

歯医者さんで行う治療法としては、歯に似た成分の物質でエナメル質に開いた穴を埋め込むという方法があります。

2-4 歯髄炎の治療

比較的軽度の歯髄炎は薬を用いて歯髄の炎症を抑えます。しかし、症状が進行している場合には歯髄を除去し、根管を清掃、詰め物をするいわゆる根管治療が行われます。

さらに症状が進んでしまっている場合には、抜歯しなくてはいけないことも少なくありません。

2-5 根尖性歯周炎の治療

根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)は、慢性・急性ともに自然治癒が期待できないので、必ず歯科で根管治療を受けなくてはなりません。

慢性根尖性歯周炎は、そのまま根管治療を行うことができますが、急性根尖性歯周炎は、腫れ・痛みの原因になっている膿を取り除かなければ治療を進めることができません。

まず、歯に穴を空け、「ファイル」と呼ばれるスクリュー型の針を用いて、排膿を促します。その後、抗生物質、鎮静剤等を投与して痛みが沈静化するのを待ってから、根管治療を行うことになります。

2-6 咬合性外傷の治療

咬合性外傷になってしまったらまず咬み合わせ治療を行います。具体的にはマウスピースの装着などが行われます。

しかし、進行してしまった咬合性外傷は歯槽骨を溶かしてしまっていることもあり、そうなると歯周病同様の治療が必要になってくるでしょう。

3.前歯の痛みを悪化させないために大切なこと

前歯の痛みは、進行具合によっては大掛かりな治療が必要になることもあります。こういった事態を避けるために、歯医者さんでの定期健診を利用したりするなど、早めに症状に気づくことが大切です。

3-1 早期発見により歯を守る

前歯の痛みを引き起こすさまざまな病気は、いずれも早期発見が大切なものばかりです。ごく初期段階であれば、自然治癒が期待できるものもあります。

また、何らかの治療が必要なケースでも、早期発見ができれば治療も簡単ですし、予後も安定しています。

しかし、発見が遅れるほど治療は大掛かりになりますし、保険外の治療になってしまうことも少なくありません。

3-2 定期健診による早期発見

このような悪循環に陥らないためにも、歯科の定期検診を受けることは極めて重要です。自分で鏡でチェックしているだけでは、どうしても初期段階を見逃してしまうことも多々あるでしょう。

できれば毎月、少なくとも4~5ヶ月には一度、定期健診に通うことをおすすめします。

忙しい日常に追われ行き忘れてしまうこともあるかもしれませんが、最近ではお知らせのはがきやメールを送ってくれる歯医者さんも少なくありません。

定期健診のお知らせをもらったら、自分の大切な歯を守るためにもなるべく足を運ぶようにしてください。

4.まとめ

前歯の痛みには実にいろいろな原因があり、それぞれに治療法も異なってきます。歯の表面だけが蝕まれている場合だけではなく、歯の深部に問題を抱えていることも多々あるので、注意しなければいけません。

いずれにせよ、痛みの理由を正しく突き止めて適切な治療をする必要があります。虫歯の初期段階などの数少ない例を除いて、自然治癒できるケースはごく稀です。

歯医者さんでの治療が必須なので、日頃から口内の健康を管理し、自分の歯の状態をよく理解してくれる行きつけの歯医者さんを見つけましょう。

ページトップへ