名古屋市の医療費助成制度を使おう!大切な5つのポイント

aichi_jyoseikin

3,078view

もっと医療費がお得にならないかなとお考えの方はいませんか?名古屋市は、お子さんの医療費を助成してくれる制度が整っていて、施行当初に比べると助成の範囲も広くなっています。

特にお子さんが小さい頃は、歯医者に行く機会が多くなるためその通院費が助成されるのは大変助かりますよね。近々に転入する予定がある方やこの助成制度についてあまりよく知らない・・・という方は、医療費助成制度を使うための大切な5つのポイントを参考にして下さい。

※この制度は、2016年1月時点で公開されている制度を元に作成しています。

1.通院の負担を軽くする名古屋市の子ども医療費助成制度とは

まず、1つ目のポイントは、制度の適用範囲です。名古屋市の子ども医療費助成の制度は、お子さんが0歳から学校を卒業する前であれば保険内の自己負担額全額が助成の対象となります。

お子さんの医療費を助成してくれる制度は、自治体よって異なります。特に他の地域から転入される方は対象年齢や助成範囲は確認しておきましょう。

2.医療費助成を受けるために必要なもの

保険証サンプルimgkodomo
引用元:全国健康保険協会引用元:知多市役所ホームページ

2つ目のポイントは、助成を受けるために必要なものです。この医療費助成の制度を受けるためには、保険証と子ども医療証の2点が必要です。

但し、保険適用内の診療であっても、提携されていない医療機関で受診した場合や県外の医療機関で受診した場合などは、一度自己負担をした後に還付(払い戻し)申請(※1)が必要です。

(※1)・・・還付(払い戻し)申請については、5.自己負担の払い戻し手続きに必要な書類と持ち物をご参考下さい。

【診療時に窓口での自己負担がなくなる例】
保険適用内の診療を受けた場合

・名古屋市内の歯医者→自己負担額なし
・(同県内)あま市内の歯医者→自己負担額なし
・県外の歯医者→自己負担後、払い戻し申請

3.名古屋市の子ども医療費助成の対象範囲

itsumade

3つ目のポイントは、制度が適用される条件です。0歳から中学校卒業前のお子さんがいる場合でも、適用条件を満たしていない場合は、医療費助成を受けることが出来ないので注意しましょう。

【助成対象】
・愛知県内の保険診療における自己負担額

【対象年齢】
・0歳から中学校卒業まで(満15歳の3月31日迄)

【適用条件】
お子さんが下記条件をすべて満たしている場合

・名古屋市内に住んでいる(住民票がある)
・健康保険に加入している
・ひとり親家庭等医療費助成制度や障害者医療費助成制度が適用されていないこと
・生活保護を受けていないこと
・児童福祉施設などに入所していないこと

4.交付手続きに必要なものと適用条件

checklist

4つ目のポイントは、交付手続きで必要なものと申請場所です。対象年齢・適用条件を満たしていても交付申請をしていない場合は、早めの申請が必要です。尚、転入においては必ずお子さんが加入している健康保険証を持って、お住まいの地域の区役所で手続きが必要になります。

【必要なもの】
・お子さんの加入している健康保険証

【申請場所】
・お住まいの地域の区役所または、支所区民福祉課保険係

区役所の住所・連絡先は下記表をご参考下さい。

名古屋市区役所一覧

役所名区役所住所担当直通
電話番号
区役所代表
千種区
役所
千種区覚王山通8-37052-753-1904
052-753-1905
052-753-1907
052-762-3111
東区
役所
東区筒井一丁目7-74052-934-1143
052-934-1144
052-935-2271
北区
役所
北区清水四丁目17-1052-917-6455052-911-3131
西区
役所
西区花の木二丁目18番1号052-523-4544
052-523-4545
052-523-4546
052-521-5311
中村区
役所
中村区竹橋町36-31052-453-5345052-451-1241
中区
役所
中区栄四丁目1-8052-265-2243052-241-3601
昭和区
役所
昭和区阿由知通3-19052-735-3844
052-735-3845
052-735-3846
052-731-1511
瑞穂区
役所
瑞穂区瑞穂通3-32052-852-9332052-841-1521
熱田区
役所
熱田区神宮三丁目1-15052-683-9483
052-683-9484
052-683-9485
052-681-1431
中川区
役所
中川区高畑一丁目223052-363-4346052-362-1111
港区
役所
港区港明一丁目12-20052-654-9644052-651-3251
南区
役所
南区前浜通3丁目10番地052-823-9343
052-823-9344
052-811-5161
守山区
役所
守山区小幡一丁目3-1052-796-4544
052-796-4546
052-793-3434
緑区
役所
緑区青山二丁目15052-625-3944
052-625-3945
052-625-3946
052-621-2111
名東区
役所
名東区上社二丁目50052-778-3053052-773-1111
天白区
役所
天白区島田二丁目201052-807-3843052-803-1111

5.自己負担の払い戻し手続きに必要な書類と持ち物

23区 助成金 4

5つ目のポイントは、保険内診療を自己負担した場合の払い戻し申請です。保険内の診療を受けてその費用を自己負担した場合、申請をすることで払い戻しすることが可能です。また、申請時に必要な領収証は、必要条件がしっかりと書かれていない場合払い戻しが出来ない場合もありますので事前に確認しておきましょう。

尚、還付手続きは受診から5年間であれば申請が可能ですが、領収証等の原本が必要になるので受診の翌月以降なるべく早めに行ないましょう。

【還付申請の対象範囲】
・県外の医療機関で診療を受けた場合
・医療証の提示が出来なかった場合
・治療に必要な装具を購入した場合など

【還付手続きの期限】
・受診から5年間

【申請に必要なもの】
・医療証
・健康保険証
・印鑑
・保護者の振込み先が確認できるもの(預金通帳など)
・領収書(※2)または、「医療等の状況」(区役所等での窓口で配布)

(※2)・・・領収証には、右記「受診者名、診療月または診察日、医療保険の対象の総点数、受領額、発行日や受領者など」の詳細な情報が記載されている必要があります。

治療に必要とされる装具を購入した場合は、領収書等の代わりに次の書類が必要になります。

・購入時の領収書(名古屋市国保加入者以外は写でも可)
・装具が必要であると認めた医師の意見書(名古屋市国保加入者以外は写でも可)
・保険給付額が確認できる支給決定通知書(名古屋市国保加入者以外の方)

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。

まだまだ虫歯になってから歯医者さんなってから通う方が多いですが、虫歯になる前から歯医者さんに通うことで、お子さんに虫歯で痛い思いをさせなくて済み、治療の発生を防ぐことで余計な出費を抑えることができるんです。お子さんのお口の健康は、お母さんとお父さんが守ってあげて下さいね。

名古屋市のその他の医院

    次の4件を表示する