歯医者

笑気麻酔とは?歯科で行うその治療法や効果、費用、安全性

笑気麻酔歯科

26,203view

歯科治療への恐怖心を取り除くために行う「笑気麻酔」は、安心、安全で安価であるにもかかわらず、その詳しい効果についてはあまり知られていないと思います。

ただ、笑気麻酔を取り入れている医院も増えてきているなかで、その効果や費用、安全性について知ることができれば、歯医者を遠ざけていた方々も、歯医者に行ってみよう! という気持ちになれるかもしれません。

この記事では、「無痛治療」の一環として行われている笑気麻酔について詳しく紹介していきます。ぜひ最後まで読んでみてください。

1.歯科で行う笑気麻酔とは

1-1 笑気麻酔に含まれる成分

笑気麻酔とは、本来「笑気吸入鎮静法(しょうききゅうにゅうちんせいほう)」といわれるもので、その名のとおり、「笑気」を吸って不安や恐怖心を軽減させ、気持ちを落ち着かせる方法です。

笑気とは「亜酸化窒素(N2O)」の別名で、名前の由来は、このガスを吸った患者さんが、笑ったような、少し引きつった表情になることからそう呼ばれるようになったそうです。

笑気は全身麻酔にも用いられますが、歯科治療における笑気麻酔では、30%以下の低濃度笑気を、70〜80%の高濃度酸素と混ぜて使用します。

1-2 笑気麻酔の流れ

実際に麻酔がどのように行なわれるのかも気になるところです。簡単に手順をお伝えしましょう。麻酔は通常の診察台を少し起こした、楽な体勢で行われます。

①笑気吸入装置につながった、専用のマスクを鼻に乗せます。

②鼻だけで呼吸し、ガスを吸入しはじめます

③5分ほどで効果があらわれます

④ガスを吸入しつづけながら、治療を開始

⑤治療終了後マスクをはずし、自然呼吸に戻します

⑥意識がハッキリするまで数分間安静にします(100%酸素を吸入する場合もあります)

⑦フラフラしたり気分が悪かったりしないことを確認して、帰宅

1-3 笑気麻酔の効能

笑気麻酔を受けた患者さんからは、「ぼーっとした」「手足がぽかぽかした」「音が遠くに聞こえた」「ほろ酔い気分」などの感想が多く聞かれます。

また、笑気ガスはほのかに甘い香りがするため、「いい香りがした」といわれる方もいます。

全身麻酔では意識が消失し、静脈内鎮静法では治療の記憶がほぼないほどウトウトします。しかし、笑気麻酔の場合は笑気の濃度が薄いため麻酔作用も薄く、治療中も意識があり、医師との会話もできますし、治療中の記憶も残ります。

ただ少し頭がぼんやりし、緊張が和らいで治療中もリラックスしていられるのです。

2.笑気麻酔によってもたらされる効果

2-1 不安感や恐怖心を減らす

笑気麻酔には、不安を和らげ、緊張をとき、精神的にも肉体的にもリラックスした状態にする作用があります。治療中の痛みや不安を感じづらくなるため、治療もスムーズに行え、治療後の疲労感も違ってきます。

歯医者嫌いの方でも病院に行きやすくなるでしょう。また、歯医者さんへ気兼ねなく行くことができれば、病気の早期発見、早期治療がしやすくなります。

2-2 治療による持病への影響を軽減

苦手なものや緊張するものを前にすると、どんな人でも心拍数や血圧が上がります。歯医者が苦手で、高血圧や不整脈などをもつ患者さんにとって、歯科治療は大きな負担となりうるのです。

治療への恐怖心がとても大きい場合には、一般的な治療をしていても「急激な血圧の上昇」や、「異常な不整脈」があらわれかねません。

また、恐怖心があまりに強いと、緊張やストレスから「過呼吸症候群」など、落ち着いた生活ではあらわれない慢性疾患がでる危険性もあります。笑気麻酔を利用したリラックスした治療は、そのような危険から患者さんを守ります。

3.笑気麻酔の費用

3-1 健康保険が適用される

笑気麻酔は特別な麻酔なので、自費治療となり高額なのではと心配する方が多いかもしれません。実は笑気麻酔には健康保険が適用されます。

自己負担の割合にもよりますが、3割負担の患者さんなら、負担は30分500円〜800円程度と考えてよいでしょう。健康保険が適用されるので、意外と気軽に利用できます。

歯医者が苦手な方は虫歯を放置しがちです。しかし、治療をしないと虫歯は悪化の一途をたどります。最悪の場合、歯医者へ駆け込んだときには大々的で高額な外科治療が必要になることもあるでしょう。

それほど高額ではない笑気麻酔を利用すれば、リラックスした状態で治療を受けられますので、費用面から考えても安心です。

3-2 料金は5分単位で変化

笑気麻酔にかかる費用は、麻酔をかけている時間の長さで変わります。治療が長くかかればかかるほど、料金も高くなってゆくのです。

5分単位で料金設定をしている歯科医院が多い傾向にありますが、料金設定は歯科医院ごとに違うので、詳しく知りたい方は医師に説明を求めましょう。

4.笑気麻酔の向き不向きについて

笑気麻酔が向いている人、また避けたほうがよい人の場合を紹介します。心配な疾患や気になる症状、既往症を持つ方は、必ず治療前に医師へ相談してください。

4-1 笑気麻酔が向いている人

  • 歯科治療への恐怖心や不安が強い人
  • 高齢者
  • 神経質な人
  • 嘔吐反射の強い人(口に治療器具が入っただけで、えづいてしまう人)
  • 高血圧や心疾患など内科的慢性疾患をもつ人
  • 疼痛性ショックや神経性ショック、脳貧血性発作をもつ人

4-2 笑気麻酔が向いていない人

  • 妊娠、授乳中の女性
  • 鼻づまりやアレルギー性鼻炎などで鼻呼吸ができない人
  • 中耳炎などの中耳疾患がある人
  • ぜんそくや気胸などの呼吸器疾患がある人
  • パニック障害や過換気症候群の経験がある人
  • 肺や腸に閉塞性疾患のある人
  • てんかんの既往がある人

5.笑気麻酔の安全性

5-1 副作用リスクが低い

笑気には毒性がないため、笑気麻酔による副作用の心配は、ほぼないと言われています。さらに、血中からの排出が早いため、治療後の回復が早く、長時間の経過観察が必要ないこともメリットの一つです。

笑気が中枢神経に影響を与えることはないため、呼吸や血液循環、反射機能が落ちる心配もありません。そのため治療後すぐに帰宅できるのです。

ちなみに、麻酔中はお酒を飲んで酔っぱらったときと似た感覚になりますが、治療後、しっかりとガスが体から抜けた事さえ確認できれば、運転して帰ることも出来ますし、家事や仕事にも影響はありません。

5-2 子供でも安心 

前述のとおり、笑気には毒性も副作用もないので、小さなお子さまやお年寄りにも安全です。また、無刺激で、局所麻酔のように歯ぐきに針を刺すことがないため、注射嫌いのお子さまにもぴったりです。

歯医者が大嫌いなお子さんを治療に連れて行くのは、大変です。さらに、治療中暴れると口のなかを傷つけてしまう危険性すらあります。

笑気麻酔なら、そんな心配も軽減させてくれるでしょう。お子さんがマスクをつけるのが楽しくなれば、歯医者嫌いも克服できるかもしれません。

6.まとめ

笑気麻酔で痛みがなくなるわけではありません。ただ、治療中の緊張状態を緩和し、患者さんの負担を軽減させることができるのです。これにより、それまで行きづらかった歯医者さんへも通いやすくなり、歯の健康を維持しやすくなるのです。

全国で笑気麻酔を取り入れている歯医者さんが増えてきました。歯科治療に不安を感じる方は、歯医者さんに一度相談してみることが先決です。