インプラント

インプラント治療が受けられる医院と選び方のポイント

インプラント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

484view

自分の歯のように食事ができて、見た目も美しいインプラントに興味を持っている方も少なくないでしょう。ただ、麻酔をかけての外科手術となることもあって、二の足を踏んでいる人もいるかもしれません。

確かに、インプラント治療は簡単なものではありませんが、適切な歯医者さんを選択すれば、決して危険なものではありません。

この記事では、インプラント治療とはどのようなものなのか、どこで治療を受けることができるのか、歯医者さんを選ぶ際のポイントはどういったことなのかについて解説しましょう。

1.インプラント治療が受けられる歯科医院

インプラント治療は、一般歯科でも受けることができますが、インプラントを専門としているクリニックもあります。それぞれに、どのような特徴があるのかをみてみましょう。

1-1 一般歯科(総合診療)

日本の歯科医師法では、歯科医師免許があれば自らの選択でどのような歯科治療を行うこともできます。そのため、虫歯や歯周病の治療をおもに扱っている一般的な歯科医院でも、インプラント治療を実施することは可能です。

通いやすい、かかりつけの歯医者さんに相談できるという気軽さはありますが、専門知識のレベルに関しては、不安が残らないわけではありません。現在の日本のインプラント治療は、こちらが主流になっています。

1-2 インプラント専門医院

インプラント専門医院とは、インプラント治療を専門に扱う歯科医院のことです。一般的には公益社団法人インプラント学会が認定する、インプラント治療に関する深い知識と豊富な経験を有した「認定医」、あるいは認定医より高い技能等を有する「指導医」が開院・在籍している歯科医院を指します。

ただ前項のとおり、歯科医師免許があればどのような歯科治療も行えるために、認定および指導医でなくともインプラント治療のみを扱っていれば、専門医院を名乗ることが可能です。そのため専門医院を選ぶときは、学会の認定を受けた医師がいるかどうかをあらかじめ確認しておくといいでしょう。

1-3 一般歯科とインプラント専門医院の違い

一般歯科とインプラント専門医院の一番大きな違いは、欠歯に対する治療方法です。一般歯科では、入れ歯などによる治療も行っていますが、専門医院では通常インプラントのみです。

もし、まだインプラントと他の方法で迷っているならば、一般歯科で相談してみるのもひとつの選択です。

1-4 一般歯科とインプラント専門医院はどちらを選ぶべき?

通常、インプラント治療を受ける場所としては、一般歯科が推奨されます。これは、歯周病で歯をなくしてインプラントにする人も多く、歯周病治療となると、やはり一般歯科の方がさまざまな経験があることが大きな理由のひとつです。

口腔内全体の健康を配慮しながら治療を進めていかなくてはならないため、総合的な管理を得意とする一般歯科の方が安全と考えられているのです。

しかし、専門医院でなければできないような難しい治療もありますし、最近では歯周病治療にも定評があるインプラント専門医院も増えています。まずは一般歯科でカウンセリングを受け、治療の難易度で判断するというのもひとつの方法です。

2.インプラント治療を受ける医院を選ぶポイント

インプラント治療を依頼する病院を選ぶにあたっては、いくつかの注目すべきポイントがあります。

2-1 院内の設備と機器

インプラント治療には、専門的な設備や機器が必要です。たとえば、CTの場合、治療前に骨密度を詳しく測定できる最新の機器が完備されている医院がおすすめです。

また、インプラントを埋める穴をあけるための、特殊な低回転ドリルも欠かせません。低回転ドリルは、歯科特有の「ウィーン」という回転音がないほど静かなのが特徴です。その他、手術中の患者の血圧、酸素飽和度、心電図などの各種モニターも必須となります。

2-2 手術室の有無と手術環境

インプラント手術には、通常の外科手術と同レベルで衛生管理をしている手術室が必要です。時々、通常の治療室でインプラント手術を行っている病院もありますが、安全面からおすすめできません。

専門の手術室を完備していて、一般の治療室とはしっかりと区分けがなされ感染症対策を徹底しているかどうかも厳しくチェックしましょう。

また、インプラント治療は全身麻酔が好ましいといわれています。抜歯だけでも恐怖を感じる患者さんが多い中、骨に穴を開けて金属を埋めるインプラント手術に恐怖を感じる患者さんは多く、急激な血圧変動などもあり危険だからです。

一般歯科で全身麻酔まで行っているところはあまり多くありませんが、例がないわけではありません。

2-3 口腔内写真を記録している

どれだけ実績・症例数が多いかも、非常に重要なチェックポイントです。口腔内写真をきちんと記録して、個々の症状にきめこまやかに対応している歯医者さんを選ぶようにしましょう。

2-4 使用するインプラントの種類

インプラントは、約100種類以上もあるといわれています。最近では、低価格の新製品も人気ですが、果たして10年後にどうなっているのかはまだ実例がありません。

実際に、低価格のインプラントの中には、歯学界では賛否両論という品質のものも多数あります。多少高くても、歴史・実績のあるブランドを採用しているかどうかも確認しましょう。

2-5 事前に費用の説明がある

インプラント治療は決して安いものではありません。詳しい治療計画書や見積書を、文書で提出してもらいましょう。口腔内がどのような状態なのかにもよりますが、歯1本30万円から40万円が相場です。

2-6 信頼できる医師がいる

インプラント治療は、ある程度長期にわたるものなので、信頼できる医師かどうかの判断材料として以下のようなポイントがあります。

症例数

十分な症例数があるということは、それだけある程度の技術力が備わっているということです。年間数千件の治療例があるならば、まず安心でしょう。症例数だけでなく、他医院からの難症例を受け入れているようなところならばさらに信頼できます。

歯の状態や治療方法を詳細に説明してくれる

何かと不安も多いインプラント治療なので、ひとつひとつを丁寧に説明してくれる、円滑にコミュニケーションできる医師であることも重要です。どんなにささいなことでも、気軽に質問できるかどうか注意しましょう。

インプラントは手術をして終わりではなく、その後、毎日の生活の中で気持ち良く使い続けられるかどうかが問われます。どんなリスクがあるのかも事前にきちんと説明してくれて、手術後のアフターケアも万全な歯医者さんなのかどうか注意しなくてはいけません。

患者に似た複数の症例を提示してくれる

丁寧な説明とは、専門用語をむやみやたらと並べ立てることではありません。患者さんがわかりやすいように、似たような症例をいくつかあげながら説明してくれる歯医者さんを選びましょう。

場合によっては、イラストや写真も使用しながら、患者さんが納得いくまで話してくれるかどうかは非常に重要です。

診断から施術まで猶予を与えてくれる

診断をして、即施術にかかろうとする場合は要注意です。患者がよく考える猶予を与えてくれて、場合によってはセカンドオピニオンと比較検討しながら結論を出すまで待ってくれる歯医者さんならば信頼できます。

3.まとめ

インプラント治療は、やはり通常の虫歯や歯周病レベルの治療とは別物です。外科手術を必要としますし、歯だけではなく神経や血管にもかかわる治療を受けることになります。信頼のおける医師をよく吟味して、できる限り安心できるクリニックで治療を受けることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加