虫歯

初期の虫歯を自然に治す4つの方法と6つのチェック

mushiba_eyecatch (1)

87,735view

歯医者さんで、虫歯が見つかったのに治療しなかった。そんな経験はありませんか?

歯医者さんのなかには、虫歯が初期の段階だと治療せずに様子を見る先生がいます。だけど、虫歯は進行する前に治してほしいのが本音ですよね。

そこで、今回の記事では、虫歯のメカニズムを解明。さらに、初期の虫歯を見つけるチェックリストや自分で治す方法などを紹介します。初期の虫歯が見つかって不安な方は、ぜひ参考にしてください。

1.虫歯のメカニズムと自然治癒

虫歯は初期の段階であれば、自然に治ります。だからこそ、歯医者さんは様子を見るのです。ここでは、虫歯の原因、段階、自然治癒について紹介します。

1-1 虫歯の5段階

ほうっておくと、どんどん進行していく虫歯。その進行度は、C0、C1、C2、C3、C4の5段階で表しています。C0・C1のような初期の虫歯は自然に治せるケースはありますが、C2以降の場合は必ず歯医者さんで治療してください。

C0 ※初期の虫歯

症状) 歯の表面が白い、奥歯の溝が黒くなっている

虫歯の画像①

C1 ※初期の虫歯

症状) 虫歯がエナメル質まで到達、歯の表面に小さな穴が開いている

虫歯の画像②

C2

症状) 虫歯が象牙質まで到達、甘いものや冷たいものがしみる

虫歯の画像③

C3

症状) 虫歯が歯の神経まで到達、腫れて激しく痛む場合がある

虫歯の画像④

 C4

症状) 虫歯が歯の根っこまで到達、歯がほとんどなくなっている

 虫歯の画像⑤

 

1-2 虫歯の原因となる「脱灰」

虫歯菌をはじめ、お口のなかにいる細菌は、歯垢などから酸を放出。その酸によって、歯の表面のエナメル質が溶け、歯に穴が開いてしまいます。これが、虫歯の原因「脱灰(だっかい)」と呼ばれる症状です。

1-3 虫歯を自然に治す「再石灰化」

「再石灰化」とは、唾液に含まれるカルシウムやミネラルによって、溶けてしまったエナメル質を修復・強化する作用。初期の虫歯を自然に治すためには、この「再石灰化」を促すことが重要です。

2.初期の虫歯を自分で治す4つの方法

歯医者さんに行かなくても、「再石灰化」を活かして、初期の虫歯は自分で治せます。そのためには、普段からのデンタルケアが大切。ここでは、その方法を紹介します。

2-1 フッ素入りの歯磨き粉を選ぶ

フッ素を摂取することで、唾液に含まれるカルシウムがより歯に付着。虫歯菌の活動まで抑制します。さらに、歯のエナメル質を強化する働きもあるのです。また、フッ素入りの歯磨き粉を選ぶ基準は、フッ素濃度が400ppm以上。400ppm未満だと、その効果は半減するといわれています。

フッ素濃度は、歯磨き粉の成分表などに記載されていますので、ご購入の際にご確認ください。

2-2 デンタルフロスを使う

デンタルフロスは、虫歯の原因となる歯垢をより取り除きます。一説によると、デンタルフロスを歯ブラシと併用することで、お口のなかにある歯垢を約80%除去。デンタルフロスには、糸巻きタイプとホルダータイプがあります。はじめて使う方は、扱いやすいホルダータイプがおすすめです。

特長を知って自分の歯に合わせて使おう、デンタルフロスの3タイプ

■前歯のフロッシングに最適な、ホルダータイプF型

デンタルフロス・ホルダータイプF型

■ラクラク奥歯をフロッシングできる、ホルダータイプY型

デンタルフロス・ホルダータイプY型

■コストを抑えておトクに使える、糸巻きタイプ

デンタルフロス・糸巻きタイプ

2-3 キシリトール配合のガムを噛む

歯の表面にあるエナメル質から、カルシウムなどが失われて起こる虫歯。自然治癒させるためには、唾液に含まれるカルシウムやミネラルが必要になります。キシリトールは摂取されると、甘味が味覚を刺激し、唾液の分泌を促進。また、虫歯の原因となる細菌の活動を抑制します。

キシリトールガムのよりよい使い方を紹介

■噛みはじめの唾液は口の中に残す

噛みはじめに多く出る、キシリトールの成分。お口の中に、噛みはじめの唾液が長くあるほど浸透しやすくなります。

■食後30分以内、歯磨き前に噛む

虫歯菌の活動を抑えるキシリトールを食後に摂れば、より効果的。また、歯垢を落としやすくするので、よりキレイに歯を磨けます。

■1日に4~10gを摂取する

虫歯予防で1日に必要なキシリトールの量は4~10g。成分表をしっかり確認してから、キシリトールガムを噛んでください。

■含有率が50%以上のガムを選ぶ

砂糖などが多いと考えられる、キシリトールの含有率が50%未満のガム。かえって、虫歯をつくってしまう可能性があります。

キシリトールの量 ÷ 炭水化物(糖質)の量 × 100 = キシリトールの含有率(%)

2-4 重曹でお口をゆすぐ

虫歯の原因は、お口の細菌がつくる酸。その酸から歯を守るのが、重曹です。重層は水に溶けることで重炭酸塩になり、酸を中和する働きがあります。ケアの方法はカンタン。水道水100mlに小さじ半分の重曹を入れてよく混ぜてから、30秒ほどお口をゆすぐだけで有効です。

重曹でお口をゆすぐときに、知っておきたい4つのポイントを紹介

①薬用・食用でお口をゆすぐ

薬用・食用・工業用の3種類がある重曹。薬用・食用はつかえますが、工業用はお口に入れてはいけないものです。

②口臭の予防につながる

口臭の原因にもなっている、お口の細菌が出す酸。重曹の中和作用によって、口臭も予防できます。

③ホワイトニングにも有効

重曹は研磨作用があり、歯の汚れを落としてホワイトニングできます。また、研磨作用が強いため、重曹で歯を磨いてはいけません。

④多量につかうのは避ける

重曹は塩分です。子どもや高齢者、お医者さんから塩分を控えるように言われている方は、特に注意してください。

重曹での虫歯予防について詳しく知りたい方は、『重曹は虫歯に有効!3つのメリットと注意点』を参考にしてください。

3.初期の虫歯を見つける6つのチェックリスト

自分で治す方法がわかったけど、初期の虫歯はどう見つけたらいいのか。以下の6項目に当てはまる場合、初期の虫歯が疑われます。さあ、あなたの歯をチェックしましょう。

初期の虫歯を見つける6つのチェックリスト
・歯と歯茎の境目が白い
・歯が茶色に変わっている
・奥歯の溝が黒くなっている
・詰め物やかぶせ物の周りに違和感がある
・冷たいものや甘いものがしみる
・デンタルフロスが引っかかる

 

3-1 歯と歯茎の境目が白い

歯の表面のエナメル質が溶けはじめてきた段階。歯石のようにも見えますが、虫歯の初期症状です。

セルフチェック画像①

3-2 歯が茶色に変わっている

1-1の段階から、虫歯がさらに進行している状況です。部分的に変色していたら注意しましょう。

セルフチェック画像②

3-3 奥歯の溝が黒くなっている

奥歯の溝は、虫歯になりやすいポイント。まれに虫歯が内部まで進行している場合もあります。

セルフチェック画像③

3-4 詰め物やかぶせ物の周りに変色がある

虫歯の治療でつけた金属や樹脂のまわりに、変色があると初期の虫歯が疑われます。

3-5 冷たいものや甘いものがしみる

冷たいものや甘いものをお口に入れたとき、歯がしみるのは虫歯が進行しているサインです。

3-6 デンタルフロスが引っかかる

デンタルフロスを通して毎回同じところで引っかかる、糸がバラける場合は、初期の虫歯が疑われます。

4.歯医者さんでの対処法

自分だけで、初期の虫歯を治していくことに不安もあると思います。そんなときは、歯医者さんならではの対処法で、虫歯の自然治癒をサポートしてもらいましょう。

4-1 高濃度のフッ素を塗布

定期的に高濃度のフッ素を塗ることで、歯を硬くして、虫歯の進行を止められます。特に、子供の歯には効果的です。

4-2 定期メンテナンスでチェック

定期的なメンテナンスをすることで、初期の虫歯が進行していないか、再生しているかを確認できます。

4-3 唾液検査でお口の環境を把握

唾液検査によって、お口の環境を把握。虫歯の原因を突き止め、口内環境の改善策を知ることができます。

5.進行した虫歯は自然治癒が不可能

すべての虫歯が、自然治癒するわけではありません。たとえば、一定以上に進行した虫歯は、歯医者さんでの治療が必要です。ここでは、虫歯の自然治癒が不可能なケースを紹介します。

5-1 神経までの距離が1/3以上

神経までの距離が1/3以上に進行した虫歯は、再石灰化やフッ素のチカラが及ばないために自然治癒は難しくなります。

5-2 詰め物や被せ物のスキマ

詰め物や被せ物と歯のあいだにできたスキマから細菌が入ると、内部が虫歯になるため、自然治癒は期待できません。

5-3 神経がない歯

神経がなくなると、歯は自然治癒する能力も失います。つまり、虫歯の進行を止められない状態なのです。

6.まとめ

虫歯は進行すると自然治癒できず、歯の寿命を大きく変えてしまいます。なによりも大切なのが、初期の段階での対処。普段から歯医者さんやご自身で、歯のチェックとケアを心掛けて、虫歯を早く治しましょう。