歯医者

歯医者は予約なしでも治療できる?知っておきたい基礎知識

e2fba8ca42f937c470741d8e1a0d3cd8_m

24,122view

歯が痛い、歯がしみる…すぐにでも歯医者さんで治療を受けたい時に、予約なしでも行けるのか気になりますよね。急患対応可能の歯医者さんであれば、治療してくれるかもしれません。もちろん、予約を取ってから行く事が一番ですが、急な歯痛で、今すぐにでも治療して欲しい場合もあると思います。

今回の記事では、今すぐ歯医者さんに行きたい人の対処法や、なぜ予約が必要なのかを紹介しています。また、初めて歯医者さんに通う方にもわかりやすいように、行く前に知っておくべき基礎知識を記載していますので、ぜひ参考にして下さい。

1.歯医者さんに予約なしでも治療できるのか?

1-1 急患対応可能の歯医者さんを見つける

adfafasfaf

歯医者さんのHPやポータルサイトなどを見ると、急患対応可能と書いてある医院があります。既に予約している患者さんがもちろん優先ですが、空いている時間で応急処置か治療をしてくれます。

予約なしで飛び込むよりも、1本電話をして「予約をしてないのですが、歯が痛むので、いまから治療は出来ますでしょうか?」と受付の方に聞いてみましょう。当日でも予約が取れる歯医者さんの情報は「EPARK歯科」を参照ください。

1-2 予約なしでの治療は応急処置になる可能性が高い

予約なしで歯医者さんに行く場合は、治療を行うというよりも、応急処置で痛みを抑えてもらうことが多いです。予約制を取っている歯医者さんが多いのですが、予約が入っていなくて時間に余裕があれば治療出来る場合もあります。ひどい虫歯で、今すぐにでも痛みを止めたいという方は、予約なしでも応急処理をしてもらうのが良いでしょう。

1-3 そもそも予約なしで行く事は迷惑なのか

予約なしで行くことは迷惑ではありません。急な歯痛で、我慢できない旨を相談すれば、優しく答えてくれます。しかし、他の患者さんが予約をしているのに、「先に治療をして欲しい!」というのは、明らかな迷惑行為です。当日治療をしてくれるのであれば、空いている時間が出来るまで待ちましょう。

1-4 完全予約制の歯医者さんは予約がないと治療出来ない

診療方針として、完全予約制の歯医者さんは予約なしでの治療は出来ません。予約制の歯医者さんは、患者さんを待たせないように治療する為、患者さんの時間を無駄にしないように行います。なので、予約なしでは治療を受ける事ができませんが、きちんと予約をすれば、完全予約制の歯医者さんは時間も無駄なく治療が出来ます。

2.歯医者さんが予約制を取る3つの理由

2-1 治療に掛かる時間が、診療内容によって異なるため

一人ひとり、治療の内容は違います。抜歯をする、クリーニングをする、詰め物を入れるなど、掛かる時間は治療内容によってかわります。予約をしていなければ、患者さんに掛かる時間を医院が把握できないので、時間の調節が出来ません。予約制にする事により、患者さんの治療をスムーズに行えます。

2-2 歯医者さんが治療計画を立ててくれるため

最近の歯医者さんでは、治療を行う前に患者さんとしっかりと話し合い、同意の上で治療を進めるインフォームドコンセントを取り入れている医院があります。インフォームドコンセントでは、治療方法、効果、危険性など、わかりやすく説明しますので、患者さんが最善の治療を選択する事が出来ます。その為には、事前に予約を取る事が必要となるのです。

2-3 予約をしないと時間を確保出来ないため

インプラント治療は、予約なしで治療することは不可能です。人工の歯根を骨に埋め込む手術ですので、検査と治療計画を立ててから治療します。手術方法により、時間は異なりますが、1本当たり埋め込むのに15~20分程度掛かりますので、10本以上となれば2時間以上掛かります。その為、予約は必要となります。

3.患者さんが予約を取るメリットとは

3-1  無駄な時間を作らない

先程も記載しましたが、予約をすることにより、無駄な時間を省く事ができます。当日に、予約なしで治療をしてもらおうと考えても、既に予約をしている患者さんがいるので、待つ可能性が高いです。

3-2 症状を事前に伝える事ができる

事前に症状を伝える事が出来れば、患者さんの治療時間の確保と治療計画を立てる事が出来ます。妊婦さんや麻酔のアレルギーがあるなどは、必ず伝えましょう。

4.歯医者さんに行く前に知っておくべき事

4-1 来院前に準備するもの

・保険証

・お金

・手元に欠けた歯や詰め物がある場合

・ハンカチ (口元を拭くのに便利です)

※保険証がちょうど無い場合など(仕事を転職して)は、10割負担での支払いになります。後日返金してくれる歯医者さんもありますので、事前に聞いておきましょう。

4-2 やってはいけない事 (最低限のマナー)

◆予約を無断でキャンセルしてはいけない

歯医者さんは予約してくれた患者さんの時間を確保してくれます。やむを得ない事情があり、行けない場合には、必ずその旨を伝えましょう。自費治療でキャンセルしてしまうと、その時間が全て空白になり、キャンセル料が発生する医院もあります。事前にHPなどでチェックしておくと良いでしょう。

◆歯医者さんに行く前に、歯を磨く

治療をする時に、食べカスがたくさん残っていたら誰もが良い気分になりません。人と会う前に歯磨きをする事は、社会人のマナーでもありますので、磨いてから行きましょう。また、歯医者さんでブラッシング指導をして、自分の磨けていない部分が気付けるかもしれません。

◆口紅やグロスは落としてから行く

治療中に、口紅やグロスが付着する可能性があり、衛生的にも良くないので落としてから行きましょう。仕事終わりなどで、治療をするのであれば、受付の方に化粧室を借りて落としましょう。

◆治療中は大人しく、顔を動かさない

当たり前の事ですが、治療中に騒がない、顔を動かさないようにしてください。騒いだり、動かしたりされてしまうと、口内を傷付けてしまう可能性があります。何か用がある場合は、手を上げて知らせましょう。

5.まとめ

歯医者さんは、急患対応可能であれば予約なしでも治療を受け付けてくれます。しかし、応急処置としての治療が多く、予約している患者さんが優先されますので、待つことが多いです。きちんと治したい場合には、事前の予約をしっかりして、当日痛くなった場合でも、1本電話を入れるのが良いです。