歯医者さんのこと

【ネット予約可】歯が欠けたら即予約できる歯医者を探そう!

3,871view

食事のときに何か固いものを食べ、歯が欠けた経験はないでしょうか? 欠けた範囲が狭かったとしても、そこからさらに大きく広がることも考えられます。特に影響がないからと放置するのではなく、一度歯医者さんに診断してもらうことがベストな選択といえます。

この記事では、歯が欠けてしまった場合に起きるリスクと歯医者さんで行う治療法、当日や翌日にすぐに診断してもらえるおすすめの歯医者さんの予約も可能です。

下記リンクから、自分に合った歯医者さんを探してみてください。

http://haisha-yoyaku.jp/

1.歯が欠けてしまった場合のリスク

この章では、歯が欠けてしまった場合のリスクについて紹介していきます。考えられるのは主に下記の3つです。

  • 欠けた箇所がさらに拡大してしまう
  • 虫歯になりやすくなってしまう
  • 欠けた歯によって口内を傷つけてしまう

欠けた歯が虫歯になりやすい理由として、露出した象牙質が虫歯の酸によって溶けやすくなってしまうからです。そのため、虫歯にかかる可能性が高まってしまいます。

2.歯医者さんで行う歯が欠けた場合の治療法

歯が欠けた部分を歯医者さんで治療してもらうことで、起こり得るリスクを水際で食い止めましょう。その治療法は保険内と保険外で異なります。下記の表をご覧ください。

症状の範囲保険内治療保険外治療
エナメル質が欠けたのみで
症状がほとんどない
・レジン充填・ダイレクトボンディング
・ラミネートベニア
象牙質まで達し、
冷たいものがしみる
上記の治療法に加え、
奥歯が欠けた場合は銀歯を
付ける場合もある
上記の治療法に加え、
奥歯が欠けた場合はセラミックの
詰め物を付ける場合もある

2-1 レジン充填

充填とは欠けたところを詰め物でふさぐことをいい、この場合はプラスチックを詰めて歯の欠けた部分を補う治療法です。

2-2 ダイレクトボンディング

セラミックの材料(陶器)とレジンの材料(合成樹脂)を混ぜ合わせた「ハイブリッドセラミック」を使い、欠けた歯を補う治療法です。

2-3 ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、薄い付け爪のような「セラミック」や「ハイブリッドセラミック」を付けて欠けた部分を補修します。

3.全国主要都市の歯医者さんを予約できる

ここでは、全国主要都市の歯医者さんをネットで簡単に予約することができます。全国にある当日予約が可能な歯医者さんと、政令指定都市がある都道府県を東西に分け、おすすめの歯医者さんのリンクを提示しています。ぜひ自分に合った歯医者さんを探してみてください。

地球

3-1 当日予約が可能な歯医者さん

歯医者さんは当日予約ができない、と思っていませんか? そんなことはありません。何かが原因で歯が欠けてしまったとき、当日予約が可能な歯医者さんですぐに診断してもらうことができます。職場や家の近所の歯医者さんを探して、すぐに治療してもらいましょう。

下記リンクから当日予約が可能な歯医者さんを探せます。

http://haisha-yoyaku.jp/

3-2 東西のおすすめ歯医者さん

各リンク先から、それぞれの地域検索が可能です。ぜひクリックして、おすすめの歯医者さんを探してみてください。

東のおすすめ歯医者さん

北海道のおすすめ歯医者さん

宮城県のおすすめ歯医者さん

埼玉県のおすすめ歯医者さん

千葉県のおすすめ歯医者さん

神奈川県のおすすめ歯医者さん

新潟県のおすすめ歯医者さん

西のおすすめ歯医者さん

静岡県のおすすめ歯医者さん

愛知県のおすすめ歯医者さん

京都府のおすすめ歯医者さん

大阪府のおすすめ歯医者さん

兵庫県のおすすめ歯医者さん

岡山県のおすすめ歯医者さん

広島県のおすすめ歯医者さん

福岡県のおすすめ歯医者さん

熊本県のおすすめ歯医者さん

3-3 その他の地域の歯医者さん

東京都内にあるおすすめの歯医者さんは下記から探せます。

東京都のおすすめ歯医者さん

上記以外の地域の歯医者さんは下記から探せます。

http://haisha-yoyaku.jp/

4.まとめ

歯はエナメル質が欠けただけの状態なら症状はほとんど出ませんが、そのまま放置してしまうことで、虫歯になりやすくなるといったリスクがつきまといます。

また、欠けた部分が次第に広がっていくことで、今度は象牙質まで達して冷たいものがしみる、というケースに陥ります。

欠けた歯は歯医者さんでしっかり治療してもらい、症状の拡大を防ぐことが大切です。お近くの歯医者さんに予約してすぐに治療してもらいましょう。

ページトップへ