歯医者さんのこと

【歯医者予約】赤ちゃんの為の歯科検診の話と歯医者の選び方

2,308view

赤ちゃんの乳歯はエナメル質が薄く虫歯になりやすい特徴があります。そのため、1歳半で行う歯科検診を境に、虫歯予防の重要性について考えていくことが大切なのです。

大人の場合、歯医者さんに行くか行かないかは自己責任ですが、赤ちゃんの場合、親御さんがしっかりお子さんの歯の健康について考えてあげなければなりません。

この記事では、赤ちゃんのための虫歯予防の重要性をお伝えし、良い歯医者さんの選び方や予約可能な全国の歯医者さんを探すことができます。ぜひ参考にしてみてください。

1.虫歯予防に大切な赤ちゃんの歯科検診

1-1 歯科検診が欠かせない理由

1歳半で行う赤ちゃんの歯科検診は本当に大切です。育児に奮闘している親御さんたちにとって、お子さんの歯の健康をどこまで把握できているのか不安になることがあると思います。そんな不安をプロの目でしっかり診断してくれるのが、歯科検診です。

赤ちゃんのために歯科検診が欠かせない理由として、下記のようなメリットがあることが要因です。

  • 初期虫歯を発見できる
  • 適切な歯磨き指導を行ってくれる
  • プロの視点で虫歯予防のアドバイスをしてくれる
  • 虫歯予防のために「フッ素」や「シーラント」を塗布してくれる
  • お子さんを歯医者さんに慣れさすことができる

1-2 お子さんに恐怖心を与えずに虫歯予防

大人でも歯科恐怖症の方がいるわけですから、小さな赤ちゃんが歯医者さんを嫌がるのは当然のことだと思います。歯医者さんで痛い思いをした、という負のイメージが付きやすいのは、初めての歯医者さんが虫歯治療だったというケースです。

歯科検診は、歯質を強くするフッ素や、虫歯のできやすい奥歯にプラスチックの液体であるシーラントを塗って虫歯を予防します。痛みの伴う治療を行う訳ではないため、初めての歯医者さんで恐怖心が芽生えることなく終えられるはずです。

初めてお子さんを歯医者さんに連れて行くのは、虫歯になってからではなく、虫歯にならないための歯科検診が理想です。

1-3 良い小児歯科の選び方

大切なお子さんを信頼できる歯医者さんに通わせたいと思うのが親心です。自分のこと以上に慎重に歯医者さんを選びたいですよね。

良い歯医者さんを選ぶ基準として、お子さんの検診や治療の場合、やはり医院のスタッフの方が赤ちゃんや子供の対応に慣れていることが一番です。

見分け方として、キッズスペースが完備されていたり、保育士の資格を持ったスタッフが在籍していたり、子供の歯科治療に対してしっかり向き合っている歯医者さんを選ぶのが良いでしょう。

最近では、こうした条件の歯医者さんが増えてきています。あなたの近所にある歯医者さんを下記の歯科予約サイトからぜひ探してみてください。

http://haisha-yoyaku.jp/

2.全国主要都市の小児歯科を予約できる

ここでは、全国主要都市の歯医者さんをネットで簡単に予約することができます。政令指定都市を中心に東西に分けてリンク先も提示していますので、「おすすめの小児歯科」を下記から探してみてください。

地球

2-1 東のおすすめ歯医者さん

札幌市のおすすめ歯医者さん

仙台市のおすすめ歯医者さん

さいたま市のおすすめ歯医者さん

千葉市のおすすめ歯医者さん

横浜市のおすすめ歯医者さん

川崎市のおすすめ歯医者さん

相模原市のおすすめ歯医者さん

新潟市のおすすめ歯医者さん

2-2 西のおすすめ歯医者さん

静岡市のおすすめ歯医者さん

浜松市のおすすめ歯医者さん

名古屋市のおすすめ歯医者さん

京都市のおすすめ歯医者さん

大阪市のおすすめ歯医者さん

堺市のおすすめ歯医者さん

神戸市のおすすめ歯医者さん

岡山市のおすすめ歯医者さん

広島市のおすすめ歯医者さん

北九州市のおすすめ歯医者さん

福岡市のおすすめ歯医者さん

熊本市のおすすめ歯医者さん

2-3 その他の地域の歯医者さん

東京都内にある「おすすめの小児歯科」を下記から探せます。

東京都内のおすすめ歯医者さん

上記以外の地域の歯医者さんは下記から探せます。

http://haisha-yoyaku.jp/

3.まとめ

赤ちゃん自身が自分の歯の健康を守ることはできません。小さな赤ちゃんは、お父さんやお母さんだけが頼りなのです。赤ちゃんの歯は大人の歯よりも弱く、虫歯になりやすいので、歯医者さんでの歯科検診は欠かすことができません。普段のケアだけでは見過ごしてしまうポイントを、プロの歯医者さんは的確に指摘してくれるはずです。

ページトップへ