その他

歯医者の麻酔が続く時間と効果が切れるまでと切れた後の対処

歯医者_麻酔_時間

407view

歯医者さんでの抜歯や治療の際の痛みを軽減する麻酔。歯科医に言われた時間以上に麻酔の効果が持続し、不安に感じる経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。麻酔の持続時間は、受けた麻酔の種類によって異なるだけではなく、個人差も出るため事前に目安の時間を知っておくと安心です。

また麻酔が効いている間は、口腔内や唇などの感覚がマヒしているため無意識のうちに傷つけてしまったり、傷口からの出血が起こる可能性があります。そのため食事や運動、入浴など気を付けなければならないことがあることを覚えておきましょう。

今回は歯医者さんで受ける麻酔の種類と効果の持続時間、麻酔が効いている間に気を付けることと麻酔が切れた後の対処についてご紹介します。麻酔の特徴や対処法を知ることで不安を軽減することにもつながるため、ぜひ最後まで読んでみてください。

1.麻酔の種類別にみる効果持続時間

歯科治療の痛みをなくすために使われる「局所麻酔」。歯茎に麻酔薬を注射しますが、その種類は2種類あり、効果持続時間も異なります。

また大人か子どもかによっても麻酔が続く時間が違いますので、麻酔の特徴とともに紹介していきます。

1-1 浸潤麻酔

歯医者さんで行われる一般的な麻酔が浸潤麻酔です。歯茎に細い針を刺し、治療をする歯とその周辺に麻酔をかけます。注射の痛みを和らげるために麻酔針を刺す場所に表面麻酔を塗ったり細い針を使用するといった工夫がされています。

また麻酔液が冷たいと体内に入った時に痛みを感じてしまうため人肌に温められるほか、余計な圧力をかけずに麻酔液を注入する電動注射器を使用する歯医者さんもあります。

治療が終わった後もしびれている感覚が残ることがほとんどですが、治療後約1~3時間ほどで麻酔が切れはじめ、通常通りの感覚に戻ります。

1-2 伝達麻酔

伝達麻酔とは、麻酔薬が効きにくい下顎の奥歯に使われる麻酔のことです。主に親知らずの抜歯の際に浸潤麻酔に加えて用いられる方法です。また親知らず以外の抜歯や治療の際にも、浸潤麻酔の効果が薄いときに伝達麻酔を併用することがあります。

伝達麻酔では、下顎に向かう神経の途中に麻酔薬を注入することで唇や舌など広い範囲に麻酔の効果を与えることができます。そのため浸潤麻酔だけを使用した時に比べて麻酔効果が長く、約3~6時間程度持続します。

1-3 子どもの浸潤麻酔

子どもは歯茎や骨が大人に比べて薄いため、使われる麻酔薬の量は半分以下です。そのため効果が続く時間も短く、1~2時間程度で麻酔が切れます。

1-4 子どもの伝達麻酔

子どもの伝達麻酔も成人の半分以下の麻酔の量で行われます。しかし歯茎や骨が薄いため、大きな神経にも麻酔の効果が表れることがあります。

その結果、治療後半日ほど麻酔の効果が持続することもありますが、時間とともに徐々に麻酔が切れていきます。

2.麻酔が効いている間の注意事項

治療が終わってからも麻酔の効果は継続しています。いつも通りの生活をしていると怪我や出血の原因となることもあります。そのため麻酔が完全に切れるまでは以下の4つの注意事項を守ることが大切です。

2-1 食事

麻酔が効いている間は、唇や口腔内の感覚が鈍っています。そのため食事をする際は唇やほっぺの内側を噛んでしまわないよう十分な注意が必要です。

また麻酔の効果で熱さも感じることができず、やけどの原因にもなりますので、熱いものを食べるときにはやけどをしないよう気を付けましょう。

どうしても食事をしなければならない場合には、柔らかいものを摂るよう心掛け、麻酔をしていない側の歯で噛むようにしてください。

特にお子様の場合は、どんなに気を付けていても唇やほっぺの内側を噛んでしまうことがあるため、麻酔が切れるまで飲食は控えましょう。

また麻酔が効いている場所に違和感を感じて触ってしまうと、指や爪で引っかいたり傷を付けてしまうことがありますので触らないようにすることも大切です。

2-2 運動

激しい運動やスポーツをすると、血行が良くなります。治療後は傷口がまだしっかりと閉じていない場合が多く、血行が促進されてしまうと出血が起きやすくなるため危険です。そのため麻酔後の運動は避けることをおすすめします。

2-3 入浴

運動と同じく、血行を促進する入浴は出血を引き起こす原因となります。そのため麻酔をした当日は短時間の入浴にするか、シャワーですませると良いでしょう。

2-4 アルコール

麻酔をした当日の飲酒によって体調が悪くなるということはありません。しかしお酒も運動や入浴と同じように血行を良くするため、出血を避けるためにも麻酔をした当日のアルコールは控えましょう。

3.麻酔が切れた後の対処

麻酔が切れた後の痛みが怖く、不安に感じる人もいることでしょう。また麻酔の効果が切れ始めた頃に治療した場所の痛みがひどいと感じる場合や腫れが気になるという人も少なくありません。この章では、そんな時にはどのように対処をしたらよいのかを見ていきましょう。

3-1 痛み止めを服用する

麻酔が切れた後の痛みが怖いという方もいるかと思います。治療後の痛みが予想される場合、歯医者さんは痛み止めを処方してくれることがほとんどです。用意される痛み止めは主に「ロキソニン」です。

ロキソニンを服用してから効き始めるまでには約30分~1時間ほど時間がかかると言われています。そのため痛みが苦手な方や心配な方は、麻酔が完全に切れてしまう前に服用すると良いでしょう。

また歯医者さんで処方される「ロキソニン」とほぼ同じ成分が含まれている市販薬に「ロキソニンS」もあります。

「ロキソニンS」

ロキソニンS

【出典】http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/

万が一お出かけの際に薬を忘れてしまった場合などは薬局などで手に入りますので覚えておきましょう。

3-2 麻酔を打った場所が腫れた場合は?

麻酔は針を歯茎に刺すため、どうしても傷が付いてしまいます。口の中は細菌が多い場所でもあるため、傷口に細菌が入り込むと口内炎になってしまうことがあります。

腫れが気になるからと触ってしまう人もいるようですが、傷口を刺激することになるためできるだけ触らないようにしましょう。また「ケナログ」と呼ばれる口内炎の市販薬を一日数回傷口に塗っておくと症状が軽減することがあります。

また麻酔をした部分を押すと鈍痛がする場合があります。これは骨の近く、または骨の中まで針を刺して麻酔をした時に起こるもので、針が骨を傷つけてしまったことが原因です。痛みには個人差があり、痛痒いものからズキズキとした鈍痛の場合がありますが、通常約1~2週間ほどで痛みがなくなります。

麻酔をした部分の腫れがひどい場合は、針を刺した部分が細菌感染して炎症を起こしている可能性があります。特に麻酔をしたあとは血管収縮剤の影響で血流が悪くなり、感染が起こりやすい状態です。なかなか腫れがひかない場合や、大きく腫れている場合には担当医に相談し、適切な治療を受けましょう。

4.まとめ 

歯医者さんでの麻酔を使った治療を受ける際、麻酔が続いている時間やその後の対処法などを事前に知っておくことで麻酔への不安を軽減することができます。また麻酔が切れるまでは怪我や出血のないように歯医者さんの指示に従い、注意事項を守って過ごしましょう。

また歯医者さんでの麻酔が怖いという方は、恐怖心を消すことができる「笑気(しょうき)麻酔」や、静脈に麻酔液を注射し、半分寝ているような感覚になる「静脈内鎮静法」という方法もあります。この方法は全ての歯医者さんで行われているわけではありませんので、事前に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。