虫歯

進行度や状況に応じた虫歯治療と痛みを抑えた治し方

虫歯治~1

76,231view

虫歯の治療は、虫歯の進行度に合わせて最適な治療を行ってくれる歯医者さんで治療を受けるのがベストです。あなたがもし治療を受ける場合、できるだけ痛みを少なくした治療を望みませんか?そして、できるだけ良い状態で自分の歯を残したいと考えるはずです。

例えば、虫歯になりかけのような状態であった場合、『自然治癒』で治すという方法が最近行われています。現代では、このように虫歯の状態を見極めた最適な治療が行われているのです。そして、患者さんの負担を減らすための痛みを抑えた治療が進められてきています。

もし、歯医者さんへ行ってすぐに虫歯を削られそうになったり、神経を抜かれそうになった場合は、他に選択肢はないのかと考えてみることも大切です。

この記事では、現在、歯医者さんで行われている基本的な虫歯治療のやり方だけでなく、患者さんの気持ちを考えた『無痛治療』の中身、さらに、できるだけ歯を削らないで済む治療方法まで紹介しています。また、妊婦さんのための虫歯治療や、幼児のための虫歯治療についても記載しています。ぜひ読んで参考にしてみてください。

また、全国にある虫歯治療のおすすめ歯医者さんを下記バナーから探せます。ネットで簡単に予約が可能ですので、ぜひクリックしてみてください。

予約記事バナー_虫歯の治療

◆目次

1.虫歯の進行度を5段階に分類!それぞれの治療法を一挙紹介!

2.虫歯の治療費は「詰め物」や「被せ物」の種類によって違ってくる!

3.『無痛治療』に欠かせない!虫歯治療の麻酔について知っておこう!

4.“削るのを最小限に!”痛みを抑えて神経も残す『カリソルブ』

5.妊婦さんのための虫歯治療について

6.幼児のための虫歯治療について

7.まとめ

1.虫歯の進行度を5段階に分類!それぞれの治療法を一挙紹介!

虫歯に気付くタイミングは人によってそれぞれ違うと思いますが、気付いたときにすぐに治療を始めないと、虫歯はどんどん進行して取り返しのつかないことになりかねません。ここでは、その虫歯の進行度を5段階にわけ、レベルを『CO~C4』と表しています。

ここで使われる『C』とは、虫歯を意味する歯医者さんの専門用語『カリエス』の頭文字から取っています。歯医者さんではこの『C』という記号を用いて治療を進めていきます。それでは、そのレベルに合わせた治療法を一挙にここで紹介します!

1-1 虫歯レベル『CO』虫歯になりかけの状態

歯の表面が白くなり、溝が黒くなり始めた状態は“虫歯になりかけ”の状態といえます。厳密には虫歯ではないこの状態は痛みを感じず、削らずに『自然治癒』を行うのがベストな選択です。

◆治療法

虫歯のなりかけを治療するには『フッ素』を塗って歯の再石灰化を促進させることが一番です。フッ素を塗ることで歯にミネラルを与えることができます。これにより虫歯になりかけていた状態が改善され、進行を防いでくれます。

フッ素の塗布は、歯医者さんで行ってくれます。歯医者さんで使用しているフッ素は、その濃度が市販で売られているものよりも高いことが特徴です。これにより、歯質を強くさせる作用が期待できます。

ただ、市販で売られているフッ素配合の歯磨き粉であっても、使用し続けることで歯の再石灰化を促したり、酸が作られるのを防ぐことができます。歯磨きを行う際、歯磨き粉を使用しなくても良いと考える方もいると思いますが、最近の歯磨き粉はフッ素配合のものが多く販売されていますので、歯磨きの際にはぜひ歯磨き粉を活用することをおすすめします。

フッ素による『自然治癒』が効果的であることがわかりましたが、そのあとの虫歯予防はしっかりと行わなければなりません。歯医者さんで定期健診を行うことも大切になってきます。

C0 フッ素による自然治癒効果

1-2 虫歯レベル『C1』黒や茶色に変色して小さく穴が空いてしまった状態

虫歯になりかけていた状態から、歯に小さく穴が空いてしまった状態です。この穴は黒や茶色に変色していますが、表面のエナメル質の部分だけであるので痛みを伴うことはありません。ただ、冷たい飲み物がしみる可能性はあります。

◆治療法

再石灰化で自然治癒させるのが難しい状態です。「セルフケア」だけでは限界なので、歯医者さんで治療してもらいましょう。歯医者さんでの治療といっても、通院2回の簡単な治療で治すことができます。

【1回目】

麻酔を施し、虫歯になってしまった部分を削って除去します。虫歯の部分がなくなり穴の空いたままの歯の型を取ってから、それに適合した詰め物(インレー)を調べておき、後日その詰め物を使用します。その間、歯には仮の詰め物を入れておくようにします。

【2回目】

一週間ほど経過したあと、2回目の治療を行います。歯から仮の詰め物を取り外し、用意していた詰め物を入れて噛み合わせの調整などを行います。最後にセメントを流し込んで詰め物を固定させます。

C1 初期の虫歯レベルの治療法◆『コンポジットレジン』を使った治療法

小さく穴が空いてしまっただけの歯の場合、『コンポジットレジン』というプラスチックを詰めて修復するやり方があります。従来の虫歯治療には金属の詰め物を使用するのが一般的でしたが、コンポジットレジンは本物の歯と同じに近い色で修復が可能なため、きれいに仕上げることができます。治療回数も『1回』で済み、保険が適用されるので約2000円で治療が可能です。

ただ強度に関しては金属よりも弱く、時間の経過と共に変色してしまいます。大きな虫歯を治療する場合は、割れてしまう可能性があるため使用できません。

1-3 虫歯レベル『C2』虫歯が象牙質まで進行した状態

歯のエナメル質の奥には象牙質があります。その象牙質まで虫歯が進行してしまうと、食事のとき、冷たいものや温かいものを口に入れただけでしみる可能性があります。

◆治療法

治療法としては、レベル『C1』と同様ですが、放置すると歯髄まで進行し何もしなくても痛みが生じてくるので、早めの治療を行わなければいけません。

C2 象牙質まで達した虫歯の治療法◆『最新治療法』で治す!

虫歯の進行度が『C2』まで達した場合、治療の際に麻酔をしないと痛みを伴います。しかし、最近ではできるだけ患者さんの負担を減らす治療法が開発され、『C2』までの状態であれば、痛みを伴う虫歯の部分を削らずに治療することが可能になりました。

これから紹介する治療法は、多くの医院で受けられるようになり、麻酔を使わなくても平気なほど痛みを感じずに治療を進めることが可能です。

①カリソルブ

象牙質まで進行した虫歯に薬剤を塗り、軟らかくしたあとで除去していくため、痛みをあまり感じずに治療することが可能です。

 

4つの最新治療法について、詳しくはこちらをご覧ください

1-4 虫歯レベル『C3』虫歯が歯髄にまで達し激痛を伴う状態

虫歯が歯髄まで達すると激痛を伴います。常時痛みを伴うこの状態では、すぐに歯医者さんへ行けない場合、『ロキソニンS』などの鎮痛剤を服用し“応急処置”をすることがおすすめです。

◆治療法

虫歯になった部分を除去したあと、「リーマー」と呼ばれる針状の特殊な器具を使い、歯髄の中をほじるようにしてきれいにします。そのためには歯髄の長さを測ったり、レントゲンを撮ったりして状態を確認していきます。

きれいになった歯髄の中に薬剤を入れて消毒したあとは、被せ物を使用します。5日間程の治療期間を要するため、この状態での治療は、精神的にも肉体的にも負担になるといえるでしょう。

C3 歯髄まで達した虫歯の治療

1-5 虫歯レベル『C4』歯冠部まで溶けてしまった末期の状態

虫歯レベルを5段階に分けたなかの最終段階です。ここまでくると歯冠部まで溶けて、歯髄も死んだ状態になってしまい、痛みさえも感じなくなります。やがて歯の根まで虫歯が進行し、歯根膜の化膿で膿が出るようになります。

◆治療法

『C4』までくると、やはり治療は難しくなってきます。歯が少しでも残っていれば被せ物を使用できる可能性もありますが、残っていなければ抜歯をし、その後「ブリッジ」や「入れ歯」、「インプラント」で歯の機能を取り戻す治療をすることになります。

C4 歯冠部まで溶けた虫歯の治療

今すぐ虫歯治療ができる歯医者さんの検索はこちら

2.虫歯の治療費は「詰め物」や「被せ物」の種類によって違ってくる!

虫歯の治療はほとんどの場合、「保険診療」でまかなうことができます。虫歯の進行度によっても違いますが、神経を抜いた場合の治療費が約4000円。もし歯を抜いた場合、治療費は約3000円となっています。

また、審美性や安全性、機能性を考慮した場合、保険適用外の「自由診療」での治療パターンが用意されています。ここでいうそのパターンとは、『セラミック』を使用した「詰め物」や「被せ物」のことです。

セラミックを使用した治療費はいくら掛かってしまうのか?保険診療では『銀歯』の詰め物や被せ物を使用しますが、その治療費と比べた額が以下の表になります。

詰め物/被せ物費用期間保険診療/自由診療
銀歯の詰め物約4,000円2日保険診療
銀歯の被せ物約4,500円2日保険診療
セラミックの詰め物約30,000~50,000円1~2日自由診療
セラミックの被せ物約70,000~120,000円2~3日自由診療

 

セラミックを使用することで得られるメリットは、本物の歯により近い色で修復できるという点です。また、虫歯にもなりにくく、安全性や機能性にも優れています。

それに比べると、銀歯は審美性に欠けています。特に「前歯」に用いると目立ってしまうのが難点です。また虫歯になりやすいという点もマイナス要素になります。

ただ、セラミックにも割れたり欠けたりするというデメリットがあり、費用も高額であるので金銭的な負担にもなります。どちらを使用するかは、ご自身の判断や医師との相談で決めていくことになります。

3.『無痛治療』に欠かせない!虫歯治療の麻酔について知っておこう!

虫歯の治療には「麻酔」が欠かせません。麻酔液を注入することで痛みを感じずに治療を受けられるのです。ただ、麻酔注射の「チク!」とする感触がイヤだという“注射恐怖症”の方にとっては、なかなか歯医者さんへ行く勇気が持てずに虫歯を放置している場合があるかもしれません。

ただ、歯医者さんで使われている麻酔は近年進化を遂げていて、痛みを緩和できる技術が生まれてきています。『無痛治療』が重要視され、恐怖心を取り除く治療の進め方は、“歯医者さん嫌い”をなくす取り組みでもあると考えられます。

3-1 チクッ!とした痛みを軽減!『表面麻酔』は優れもの

“麻酔(注射)のための麻酔”ともいうべき、『表面麻酔』を知っていますか?歯肉の表面にゼリー状の薬を塗って、注射を刺すときの痛みを軽減してくれるのが、この表面麻酔です。お子さんの乳歯を抜くようなときは、この表面麻酔を塗るだけで十分です。

3-2 電動注射器を使った麻酔方法~浸潤麻酔と伝達麻酔~

◆歯医者さんで行う一般的な麻酔が『浸潤麻酔(しんじゅんますい)』

表面麻酔を塗ったあとに行うのが、『浸潤麻酔(しんじゅんますい)』という、いわゆる歯医者さんで行う一般的な麻酔です。以前はこの浸潤麻酔を嫌がる患者さんが多くいましたが、最近では麻酔液を注入する針が“細く”なり、電動注射器によって一定の速度でゆっくり液体を注入することができるので、痛さを軽減できるようになりました。

◆治療後の痛みまで緩和させる『伝達麻酔』

浸潤麻酔よりも広範囲に効き目をもたらす『伝達麻酔』があります。これは、麻酔が効きにくい箇所である下顎の奥歯に注射するのに有効的で、浸潤麻酔に加えてこの麻酔液を注入すれば、治療後の痛みまで緩和できるのです。これにより、治療後に出される「鎮痛剤」を減らすことができるという利点が生まれるのです。

3-3 「皮質骨」が硬い人と「炎症」がある人は、麻酔が効きにくい!

麻酔が効きにくい人という人が実は存在します。それは、歯を支えている「歯槽骨(しそうこつ)」の周りにある「皮質骨(ひしつこつ)」が硬く厚みがあると、麻酔が効きにくいという事実です。皮質骨が硬く厚みがあるのは歯にとっては良いことですが、麻酔注射の際にはデメリットになってしまいます。

また、歯茎に炎症があると麻酔が効きにくくなってしまいます。炎症が起きてひどくならないうちに、早めの治療をしてもらう方がいいでしょう。

◆麻酔が効きにくい人には『歯根膜注射』を施す

上記のような麻酔が効きにくい人には、『歯根膜注射』を行います。歯根膜内に注射するこの方法は、効き目が早く、薬の量が少なく済むという利点を持っています。

4.“削るのを最小限に!”痛みを抑えて神経も残す『カリソルブ』

最近の虫歯治療には、削るのを最小限に抑える治療のやり方があります。その治療法は「カリソルブ」と呼ばれていて『痛みを抑えられる』『神経を残せる』という、患者さんにとって“やさしい治療法”であることがわかります。

虫歯治療を行う上で痛みを緩和できれば、歯医者さんへ行くことの恐怖心をなくすことができます。また、歯の神経を残せるということは、冷たいものや温かいものがしみて、虫歯になったことを自覚できるというメリットがあるのです。

治療名治療内容費用
カリソルブ象牙質の虫歯の部分に薬剤を塗り、軟らかくなったその部分のみを溶かして除去していく約5,000~10,000円
※保険適用外

虫歯の部分を溶かして除去!『カリソルブ』

『カリソルブ』は、濃度の弱い「次亜塩素酸ナトリウム」と3種類の「アミノ酸」を主な成分とし、象牙質まで達してしまった虫歯の部分に塗り、軟らかくなったあとで特殊な器具を使って除去していきます。この治療法を行えば、麻酔を使わずに治療を進めることができるほど、痛みを伴いません。

カリソルブ

 

5.妊婦さんのための虫歯治療について

もうすぐお母さんになる女性にとって、妊娠中は何かとデリケートになる時期だと思います。そんなときにもし虫歯になってしまった場合『普通に歯医者さんで治療を受けられるの?』『レントゲンを撮るときに、お腹の赤ちゃんが心配…』と悩む方も多いと思います。

この章ではそんな「妊婦さんための虫歯治療」について紹介していきます。

◆妊娠しても歯医者さんで治療は受けられるの?

たとえ妊婦さんであっても、虫歯治療を受けることは可能です。ただ、妊娠初期(2~3ヶ月)の場合、「つわり」の影響で歯磨きさえも行えないほど体調のバランスが崩れることがあります。もし虫歯治療を受ける場合は、“応急処置”程度の治療で済ませ、妊娠中期(4~7ヶ月)の安定期に入った時点で治療を行うのが好ましいといえます。妊娠後期(8~10ヶ月)は母体への影響を配慮し、初期と同じように“応急処置”で済ませます。

また、歯医者さんで治療を行う前に書く「問診票」には、『自分が妊娠何ヶ月(何週目)なのか?』『産婦人科の主治医は誰か?』をきちんと記入することが大切です。そして、治療を受ける前に歯医者さんとしっかり相談をして、治療中は自分にとって一番楽な姿勢で受けるようにしましょう。

◆「レントゲン撮影」はお腹の赤ちゃんに影響しないの?

歯医者さんの「レントゲン撮影」は口に向けて行うため、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えることはありません。また、被爆を防ぐための“鉛のエプロン”を首に掛けるので、安全性に配慮した撮影となっています。

◆治療時の麻酔はお腹の赤ちゃんに悪影響を与えないの?

虫歯治療の際に行う麻酔は、部分的に麻酔液を注入する「局所麻酔」なので、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼしません。胎盤や母乳を通して麻酔が送られることはないので安心です。

◆歯医者さんで処方される鎮痛剤は安全なの?

妊婦さんに対して、歯医者さんでは処方する鎮痛剤に関しても安全なものを提供しています。安全なお薬として「カロナール」という鎮痛剤がよく使われますが、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えたという報告も一切されていません。

逆に妊婦さんには不適切なお薬もあります。「ボルタレン」という高い鎮痛作用が働くお薬ですが、過去に死産の報告があったことから、妊婦さんには絶対に使用しないことになっています。また、私たちがよく耳にする「ロキソニン」も、妊娠後期での使用が禁止とされています。

治療後の痛みを我慢してお薬を飲まないでいると、逆にお腹の赤ちゃんに悪影響を与える場合があります。お母さん自身の身体を大事にすることは、生まれてくる赤ちゃんにとっても重要なことです。お薬についてどうしても心配な方は、産婦人科の主治医に一度確認してみるのも良いでしょう。

口コミで評判の良い歯医者さんの検索はこちら

6.幼児のための虫歯治療について

幼児期は虫歯の進行が早く、エナメル質と象牙質が大人より薄いために、すぐに虫歯が神経にまで達してしまいます。また、虫歯の部分が大人のように黒くなるのではなく、白く見えるのが特徴で、奥歯と奥歯の間が一番虫歯になりやすい箇所だとわれています。そんな乳歯の虫歯治療のやり方についてこれから紹介していきます。

6-1 乳歯の初期虫歯には『フッ素』が効果的!

乳歯の初期虫歯は、歯が白く濁ったように見えるのが特徴です。この状態を改善させるには、歯医者さんで『フッ素』を塗ってもらい、歯を強化させることが最適な治療法です。

乳歯は大人の永久歯よりも溶けやすく、虫歯の進行も早いので、『フッ素』を塗ることで健康な歯を取り戻すことができます。

6-2 乳歯の虫歯が進行すると、永久歯の「変色」や「歯並び」も悪くなる!

もし虫歯が進行した場合、神経に達していなければ、虫歯の部分を取り除いてプラスチックを詰めていく治療を行っていきます。

しかし、虫歯がさらに進行して歯の根っこまで侵されてしまうと、根っこの先に膿が溜まり、これから生えてくる永久歯にまで悪影響を及ぼします。そのリスクとは、永久歯の「変色」や「歯並び」が悪くなってしまうという問題です。そのため、神経を取り除く治療は適切に行わなければいけません。

ただ、乳歯の神経を抜いたからといって、これから生えてくる永久歯の神経もなくなるというわけではありませんので、心配する必要はありません。

6-3 乳歯の虫歯予防のために行う『フッ素』と『シーラント』

歯医者さんは、小さいお子さんにとって恐怖心を抱いてしまう対象です。歯医者さんでできるだけ痛みの少ない治療を行ってもらうためには、早めの治療が大切になってきます。そして、日頃の虫歯ケアをきちんと行って予防につなげていきましょう。

幼児の虫歯予防として代表的なものは、初期虫歯の治療でも紹介した『フッ素』を塗布することです。歯医者さんで3ヶ月ごとにフッ素を塗ってもらい、虫歯の発生を防ぎます。フッ素を塗るだけなら痛みを感じませんし、定期的に歯医者さんへ通うことにより恐怖心を取り除くことも期待できます。また、自宅でフッ素配合の歯磨き粉を使って予防することも可能です。

フッ素以外にも『シーラント』と呼ばれる乳歯の虫歯予防法があります。シーラントとは、乳歯の虫歯ができやすい奥歯の溝の部分にプラスチックを埋め込み、その溝から発生する虫歯を予防するという方法です。予防できるのは歯の溝の部分のみとなります。

シーラントの治療費ですが、年齢制限が設けられており、保険が適用されるのが6~12歳とされ、初期虫歯と診断された場合のみとなっています。適用されると、歯1本に対して400円ほどで治療が受けられます。保険外で受ける場合は年齢制限がありませんが、歯1本に対して500~2000円ほどの費用が掛かります。

評判の良い小児歯科の検索はこちらから

7.まとめ

虫歯治療の歴史をさかのぼると、麻酔を使わずに治療を行ったり、平気で抜歯をしていた時代もあったといわれています。しかし、現代では麻酔時の注射にさえ気を使い、痛みを緩和できる技術が誕生しています。そして、虫歯の進行度や状況に応じて適切な治療を施し、私たちの大切な歯をできるだけ良い状態で残すために、歯医者さんは努めてくれます。

虫歯治療の技術は今後更に進化を重ねていくでしょう。ただ、どんなに医療技術が進歩したとしても、自分の歯を自分で守っていく気持ちは不変でなければいけないと思います。