奥歯を噛むと痛い!痛みの原因と治療法【歯痛に役立つコラム】

奥歯_噛むと痛い

792view

奥歯は噛むのに一番使う歯ですから、痛みが続くような状態ですと、満足に食事もできなくなります。早めに歯医者さんで治療することが大切です。この記事では、痛みの原因とともに応急処置と注意事項もお伝えしていきます。

【関連記事】“噛むと痛い”歯の原因と対処法

1.奥歯が痛い時の特徴と原因

歯がズキズキする、歯茎が赤く腫れている、歯がグラグラする、奥歯の痛みには様々なものがあります。
虫歯がすぐ思いつきますが、奥歯の痛みの原因は歯医者さんでも、すぐに特定することが難しいほど多いのです。

1-1被せ物による虫歯

初めての虫歯は見つけやすいのですが、治療を受けた歯が痛むことがあります。クラウンやブリッジなどを施した歯です。

クラウン

虫歯菌などで形が大きく崩れてしまった歯は、銀やセラミックといった金属を被せて補修して歯の機能を回復させます。この金属の総称をクラウンと呼びます。

奥歯に銀歯を被せている場合、銀歯は劣化しやすいので隙間から虫歯菌が入り込むことがあります。虫歯菌が神経にまで入り込んで激痛を伴うようになります。

ブリッジ

歯が無くなった箇所の両隣の歯を削って土台にして、人工の歯をかけ橋のように被せます。接着をするので取り外しはできません。

ブリッジ治療をしたばかりの歯は、土台となった健康な歯が削られたことに加えて噛む力が加わるので、神経が炎症を起こして痛むことがあります。時間が経つことで痛みが消えます。

1-2 親知らず

親知らずは一番奥の歯です。まっすぐ生えずに横や斜めに生えてくるので、手前の歯を圧迫して痛みを感じることがあります。また、歯ブラシの毛先をきちんと当てられないことで、歯の周りに細菌が溜まって腫れ、口臭の元にもなります。

1-3 歯周病

歯周病は磨き残した歯垢(プラーク)や歯石によって、歯茎が炎症を起こして腫れている状態です。炎症が進むことで歯の周辺組織を破壊し、歯を支える骨も溶かしてしまいます。歯がグラグラするようになり、奥歯はとくに力を込めて噛むので、溶けている骨へのダメージも進行しやすく、強い痛みを感じます。

1-4 歯ぎしり

歯の根の周りには歯根膜があります。歯根膜はとても敏感で、口の中に髪の毛が一本入ったような小さな刺激ですら感じ取ることができます。

この歯根膜が炎症を起こすことを「歯根膜炎」と呼び、噛むことで強い痛みを感じるようになります。夜寝ている間の歯ぎしりが長期間繰り返されることで、炎症が起きます。

1-5 歯の根っこに膿がたまっている

虫歯や打撲などによって歯の神経が死んでしまうと、歯の免疫機能がなくなって、細菌を歯の根の外に出せなくなります。歯の神経があった空間に細菌が溜まって膿になり、歯の根の先の根尖(こんせい)から放出されます。これによって、歯の周りに炎症を起こして「根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)」になります。

1-6噛み合わせが悪い

歯並びが悪いために噛み合わせが悪くなって、どちらか片方の奥歯に負担がかかることで痛みを感じることがあります。噛み合わせが悪いと頬の内側に口内炎ができやすくなります。

1-7歯の欠損

歯が欠けていると噛む時のバランスが崩れてしまい、痛みを感じることがあります。欠損した歯というよりは、欠損していない他の歯に負担がかかります。
奥歯が割れてしまった場合は、割れた隙間から細菌が入ってしまい、強い痛みが出ることがあります。

1-8上顎洞炎(じょうがくどうえん)

上顎洞炎(じょうがくどうえん)による痛みの可能性があります。上顎の骨の内部にある空洞で、目の下あたり、鼻の横にあります。
細菌の侵入による炎症を起こすと膿が溜まってしまい、噛むと痛むことがあるのです。
感染の原因ルートによって、歯科か耳鼻科か治療を受ける科が変わります。

2.応急処置とやってはいけないこと

奥歯の痛みは放置しておくと、歯を失うだけでなく、全身に症状が及ぶこともあるので、歯医者さんでしっかり治療を受けましょう。
すぐに歯医者さんに行けない時のために、「応急処置」と「やってはいけないこと」をお伝えします。

2-1 応急処置

口内を清潔にする

鏡の前で口を大きく開けて、患部を観察しましょう。食べ物のカスが詰まっていれば取り除きます。細菌による刺激も痛みを増すので、丁寧にブラッシングして口内を清潔にします。

頬から患部を冷やす

次に氷枕や濡れタオルなどを使って、患部を頬から冷やします。血液の巡りを抑え、歯の痛みが和らぎます。歯を直接冷やすのは逆効果ですのでご注意ください。

痛み止めを飲む

市販の痛み止めも十分な効果が期待できます。あくまで一時しのぎで、痛みが消えても治ったわけではないのでご注意ください。
飲み薬が効かない場合は、患部に直接塗る薬を使うことで即効性が期待できます。

2-2 やってはいけないこと

患部を触る

痛みが気になっても患部には触らないようにしましょう。手に付いた細菌が患部に入り込んで痛みが増す場合があります。歯の周りの汚れを取る時も、患部に触れないようにして下さい。

入浴

体温が上がることで血行がよくなり、歯の痛みが増します。歯が痛い時は入浴を控えて、ぬるめのシャワーを浴びましょう。

飲酒

アルコールで一時的に痛みが紛れることはあるかもしれませんが、飲酒も血行が良くなるので、すぐに歯の痛みが増します。

タバコを吸う

気持ちを紛らわせるためにタバコを吸いたい気持ちは分かりますが、タバコも血行を良くします。さらには歯を刺激する成分が含まれているので、痛みがかえって増します。

3.根本治療

最後に、歯医者さんでの奥歯の痛みの原因の治療法をお伝えします。

3-1 被せ物による虫歯

クラウン

被せ物をするともう虫歯にならないと安心しがちですが、5~10年ほどの間に被せ物がズレて虫歯菌が入り込んでしまい、再治療になるケースが多いです。
被せ物と歯茎の間は歯垢が溜まりやすいので、普段から入念にブラッシングしましょう。
再治療の場合は、被せ物を取り外してから虫歯除去し、被せ物を付け直します。

ブリッジ

ブリッジによる歯の痛みの多くは一過性のものですが、続くようですと歯の神経を抜かないといけなくなります。ブリッジは構造上、歯に負担をかけやすいので、長く経過観察していかないといけません。

3-2 親知らず

痛みの原因が親知らずならば、抜くことになる可能性が高いです。
親知らずが被さることで手前の歯が虫歯になったり、親知らずが真横に生えて手前の歯を圧迫したり、放っておくとほかの歯に悪影響を与えるからです。

3-3歯周病

歯周病は、歯を支える骨が溶ける病気です。虫歯のような激痛を感じることがないので、症状の進行に気付きにくいです。
早期発見の場合は、原因となる歯石を取り除くこと、ブラッシングの指導です。
重度の症状の場合は、歯を抜かずに残すための外科治療と再生治療を行います。

【関連記事】症状別で解説!よくわかる歯周病の治療方法

3-4 歯ぎしり

歯ぎしりの原因の多くがストレスだと言われています。寝ている時に歯を食いしばることで、不安や憂鬱な気持ちを解消しているのです。
ストレスを解消することが、歯ぎしりをなくすことに繋がります。
適度な運動や、趣味に没頭するなど、リラックスできる時間を設けるようにしましょう。

並行して、歯がすり減ることや歯痛を防ぐ必要があります。
歯医者さんでは、マウスピースを使った治療を行います。

3-5 歯の根っこに膿がたまっている

まずは炎症を取り除くために、歯茎を切開して溜まっている膿を取り出します。歯根をきれいにしたら、抗生物質を投与します。一度治療を始めたなら、必ず最後まで受けるように注意してください。そうでないと、最悪、抜歯することになります。

3-6噛み合わせが悪い

歯医者さんでは矯正治療を行います。歯を削ったり、抜いたりする治療ではなく、効果がなかった場合に患者さんに被害が出ないように、手術をしなくても改善できる治療法から始めていきます。
歯の被せ物や詰め物のせいで、噛み合わせが悪くなってしまうこともあるので、時間をかけて最終的に必要なら手術も行います。

3-7歯の欠損

亀裂が広がらないように、接着剤でくっつけてから被せ物をします。痛みがひどい場合は歯の神経を抜くこともあります。

3-8上顎洞炎(じょうがくどうえん)

感染源が歯にあると特定できた場合は、歯医者さんで治療を受けます。
原因になっている歯を特定し、抗生物質を数週間投与します。炎症が取れれば、歯の痛みも改善していきます。
改善が見られない場合は、抜歯をしなければいけなくなります。

4.まとめ

奥歯を噛むと痛いと感じていた原因は、記事内で紹介したように多くのケースが考えられます。どれも放置しておくと怖い症状ばかりなので、早めに歯医者さんに受診して、適切に診断してもらうことが大切です。

ページトップへ