お悩み解決コラム虫歯

虫歯で顎が痛い!原因を追究して行う対処法【歯痛に役立つコラム】

虫歯_顎が痛い

1,652view

顎の痛みに苦しんでいませんか? 顎の痛みの原因の一つに虫歯があります。
「急に顎が痛くなった」「虫歯を放置したままでいた」「虫歯治療の途中で行かなくなった」…ここでお伝えする顎の痛みの症状が当てはまるなら、早急に歯医者さんに行きましょう。

1.顎が痛い5つの理由

顎が痛いのは、虫歯が原因の場合と虫歯に関係がない場合があります。虫歯に原因がない時の顎の痛みは、顎関節症を併発させるからです。

顎関節症は「顎が痛い」「口を大きく開けられない」「顎がカクカクと鳴る」などの症状です。

1-1 虫歯が原因の場合

炎症のせいで口が開けられない

虫歯を放置していたせいで、歯の炎症が口の中全体に広がってしまった状態です。「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」と呼ばれ、顎の下もしくは頬が大きく腫れてしまいます。

発熱や嚥下困難、舌の腫れ、呼吸困難などの症状に加え、重篤な合併症を引き起こすことがある恐ろしい病気です。

顎に膿がたまっている

放置していた虫歯が歯の神経にまで進行すると、激痛を感じます。歯の痛みの中でも一番痛いと言われています。

この状態になっても放置していると、歯の神経が死んでしまいます。一時的に痛みは消えますが、神経があった場所に細菌が溜まって膿になります。

体が顎の中に毒素が広がらないように、袋に閉じ込めてしまうことで起きます。この症状は「歯根嚢胞(しこんのうほう)」と呼ばれ、ひどくなると歯の骨や歯茎を突き破って、常に膿を出し続ける穴ができます。根の周りの骨が溶かされると、膿が垂れ流しになります。

また、歯の根の周りに細菌が感染しているので噛むと痛いのが特徴です。膿が溜まって大きくなった歯根嚢胞の圧力で歯が浮き上がり、体が細菌の原因である歯や膿の袋を外に押し出すので、歯が浮いたような感じになります。

顎の骨が腐っている

歯の根の中の細菌が顎の骨に広がってしまうと、骨髄に感染して顎の骨を腐らせていきます。
骨髄炎になると、顎に強い痛みを感じるだけでなく、発熱や嘔吐といった症状も出ます。

1-2 虫歯が原因でない場合

奥歯が痛い

親知らずをまだ抜いていないのなら、痛みの原因は親知らずの可能性が高いです。親知らずとは、乳歯から永久歯への生え変わりで、最後に生える上下左右の奥歯です。
おおむね10代後半から20代前半に生えてきます。

現代人は顎が小さく、親知らずがまっすぐ生える十分なスペースが足りないため、生えてくる時に周囲の歯や歯肉に悪影響を与えるケースが多いです。親知らずが真横に生えたり、隣の歯にぶつかったり、歯茎に埋もれていたりすると、隣の歯に負担がかかってしまって噛み合わせが悪くなります。

噛み合わせが悪いために片方だけで噛むようになり、顎の負担が偏ることで、顎関節症を引き起こすのです。親知らずの治療前は顎が痛くなくても、治療後に患部が回復するまで、片方だけで噛むことで同じように起こることがあります。

顎関節症

顎関節症は成人の約半数が経験していると言われます。20~30代、中でも若い女性に多くみられます。

顎関節症になると、頭痛や肩こり、めまい、耳鳴りなどの体調不良も引き起こします。原因は何か一つというよりは、以下のように複数の要因が重なって発症します。

・顎の骨格が小さい
・噛み合わせが悪い
・顎に負担をかける
・歯ぎしり
・顎をケガする
・ストレス

女性に多い理由としては、「女性は男性よりも顎が小さいこと」「ストレスに敏感であること」「筋肉量が少ない」などの説があります。

2.顎が痛い場合の治療法

ここでは、顎の痛みの原因と考えられる症状の治療法を紹介します。

2-1 親知らず

親知らずは抜いた方が良い場合と、抜かなくても良い場合があります。

抜いた方が良い場合の症状

・親知らずと手前の歯のどちらか、あるいは両方が虫歯になっている
・横向きに生えて手前の歯とぶつかっている

親知らずは一番奥にあり、しかもまっすぐ生えていないと、歯ブラシの毛先がしっかり当てられません。歯に汚れが付きやすく、磨き残しで歯垢(プラーク)も溜まりやすいので、虫歯になりやすいのです。

虫歯を治療しても、そのままでは再発する可能性が高いので抜いた方が得策です。親知らずのせいで手前の歯が虫歯になった時は、親知らずを抜かないと治療ができないのですぐに抜く必要があります。

親知らずが横向きに生えると、手前の歯の歯茎に侵食して炎症を起こします。侵食が進みすぎると、親知らずを抜いた後はバランスを崩してしまい、噛み合わせが悪くなったり、支えられなくなったりするので、義歯やインプラント治療が必要になってしまいます。

抜かなくて良い場合の症状

・親知らずがまっすぐ生えている
・上下でしっかり噛み合っている
・歯茎に覆いかぶさっていない
・顎の骨の中に埋まっていて歯や歯茎に影響が出ない

2-2 顎関節症

顎関節症の多くは自然に治りますが、歯医者さんでの治療を必要とするものもあります。

自分でケアをする場合

・鎮痛剤を飲みましょう
・急激な顎の痛みは炎症が原因なので、冷やしましょう
・慢性的な顎の痛みは、筋肉の強張りを解消するためにも温めて、血行を良くしましょう
・固い物や何回も噛まなければいけない食品は避けましょう
・片方のみで噛まないように気をつけましょう
・日頃からストレスをため込まないようにしましょう

歯医者さんで治療を受ける場合

先に説明したとおり、顎関節症ははっきりとした原因を特定しづらく、複数の要因から発症します。

効果がない場合に患者さんに被害が出ないように、噛み合わせが悪いから歯を削って調整するというような治療方法は避けることが原則です。通常は、手術をしなくても改善できる治療方法が選ばれます。

・マウスピースを歯につけることで、寝ている間の歯ぎしりによる顎関節や筋肉への負担を抑えます
・開口訓練や噛み方の指導などをします
・顎や顔周りのマッサージ運動で症状を改善します
・顎関節症の専門の歯医者さんでは、一人ひとりの状態に合わせた検査と治療法を試みます

【関連記事】顎関節症の痛みを和らげる方法と原因を追究した根本的治療

2-3蜂窩織炎(ほうかしきえん)

抗生物質を点滴するか、もしくは注射をします。腫れが呼吸の妨害をしているようなら、口腔内、緊急を要すれば口腔外から切開して腫れを取り除きます。

次に、原因である歯の治療を行います。歯の保存が不可能と判断したら、炎症が治まった後に抜歯します。

2-4歯根嚢胞(しこんのうほう)

膿が溜まった袋がまだ小さいなら、根管治療をします。歯を削り、被せ物や詰め物を外して、歯の根を洗浄して無菌状態にします。炎症が治まったなら、被せ物や詰め物をすることで歯の機能は取り戻せます。

膿が溜まりすぎていて根管治療では治らない、または被せ物が外せないなら、歯茎を切開して膿を取り出すなどの手術が必要です。歯の保存が不可能と判断したら、抜歯をします。

2-5 骨髄炎

1~2か月の長期に渡って抗生物質を投入します。骨髄に染み込んだ細菌をなくすことが目的です。点滴から初めて、症状が落ち着けば飲み薬に切り替えます。

顎の骨に広範囲に細菌が広がっていて、抗生物質では症状が改善されない場合は、手術で感染した部位を直接洗浄したり、取り出したりします。

3.まとめ

顎の痛みの多くは虫歯を放置していたことで起こります。虫歯を放置してしまったために、細菌が血液を通って心臓に達して心筋梗塞を起こしたり、脳梗塞をおこしたりするケースも見られます。顎の痛みは危険信号なのです。

ページトップへ