虫歯

その虫歯は口臭の原因!すぐに出来る対処法6選

DI_IMG_5648500
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9,513view

自分に合った歯医者さん探しはこちら
あれ?もしかして自分の口が臭いのかな…。口臭は周りにどう思われているのか気になりますよね。虫歯は口臭をひどくさせている大きな原因の一つです。

痛みが無くて大丈夫だろうと思っていても、知らないうちに虫歯が進行していて口臭をひどくさせていることもあります。

すぐに歯医者さんに行けなくても、口臭予防の方法はありますのでご参考にしていただければと思います。


目次

1.なぜ虫歯になると口臭がひどいのか
2.治療後に口臭がひどい原因
1.虫歯になりやすい場所
4.時間が無くてなかなか行けない… すぐ出来る対処法6選
5.歯医者さんで口臭を治す方法
6.まとめ

1.なぜ虫歯になると口臭がひどいのか

1-1 食べカスが臭いを発生させている

歯磨きで落としきれなかった食べカスが、歯についている歯垢で繁殖した菌により異臭を発生させています。

どんどん進行していくにつれて、臭いもひどくなります。歯に穴が開いてしまったりすると、さらに詰まりやすくなり悪循環となってしまいます。

1-2 神経が腐ってしまい臭い

虫歯が進行していくと、神経まで侵食していきます。痛みがあれば気付きますが、痛みがない場合は神経が死んでしまいます。腐ってしまった神経を放置していていると日が経つにつれて腐敗臭は増していきます。治療するしか方法がないので、すぐに歯医者さんへ行きましょう。

1-3 歯根の先に膿が出来る

そのまま放置し続けてしまうと、神経から細菌が入ってしまい歯根の先に膿が溜まります。そこから臭いが発生し、自然に治る事はありません。自覚症状も少ないので、どんどん悪化していくと膿が大きくなり、治療自体も難しくなっていきますので、すぐに歯医者さんで治療をしましょう。

2.治療後に口臭がひどい原因

2-1 詰め物が合っていない

虫歯治療をしたが、詰め物が合ってない場合は隙間が出来てしまい、そこに汚れが溜まっていきます。虫歯が悪化してしまう事はもちろんですが、口臭も発生するのです。定期健診を3ヶ月に一度でも行くと、早めに見つける事が出来るので行きましょう。

虫歯の治療後が気になる方におすすめの記事
「治療したのになぜ!?虫歯の治療後に痛みがある4つの原因とは」

2-2 口内ではなく胃が原因

口の中とは別に、胃腸が悪いことによって口臭が発生することがあります。

例として、胃炎や胃潰瘍などは胃の中で溜まった食べ物が、消化不良で発酵してしまい口臭になるのです。もしも口内が原因ではない場合、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の可能性もあるので、違和感があれば先生に相談してみましょう。

3.虫歯になりやすい場所

全ての歯が虫歯にになる対象ではありますが、比較的になりやすい歯は「親知らず」になり、親知らずの近くに生えている奥歯も虫歯になりやすいそうです。
さらに歯のどの部分に虫歯ができやすいかは以下の画像をご参考下さい。

虫歯ができやすい場所

虫歯のできやすい場所

特に親知らずなどは日頃から歯磨きをすることが難しく、汚れがたまりやすいので口臭の原因にもなりますし虫歯にもなりやすくなります。痛みが出るまで虫歯だと気付かないかと思いますが、口臭の原因の一つにはなっています。

痛みが出たらすでに歯の神経まで虫歯が進行していますので、早めの治療をおすすめ致します。

痛みがない虫歯についてもっと知りたい方におすすめの記事

「当てはまる人は要注意!痛くない虫歯がもたらす4つの危険性」

4.時間が無くてなかなか行けない… すぐ出来る対処法6選

4-1 舌苔(ぜったい)を取ろう     即効性☆☆☆

口臭の約80%が舌の上の細菌が原因です。舌の表面の細かいヒダに食べカスなどがひっかかり汚れが付きます。舌を綺麗に保つ事は口臭予防だけでなく、風邪やインフルエンザなどの感染症にも効果的です。

また、唾液量が少ないと汚れが留まりやすくなり口臭の原因となります。睡眠時は唾液の分泌量が少ないので乾燥しやすく、朝起きたら定期的に舌を手入れすると良いでしょう。

舌専用のブラシやクリーナーも、販売されているのでご参考にしてみて下さい。

舌クリーナー ゼクリン

舌クリーナー ゼクリン出品 http://www.amazon.co.jp/

W-1 舌ブラシ

W-1 舌ブラシ グリーン出品 http://www.amazon.co.jp/

◆クリーナーや舌ブラシを使用する際の注意点

舌を磨く時に、強く擦るのはやめてください。舌の表面を傷つけてしまい、出血の恐れがあります。

4-2 キシリトールガムを噛もう     即効性☆☆

ガムを噛むことで唾液が分泌され口臭予防になります。キシリトールは口臭の原因となる細菌を抑える働きもあります。

また、ミントでお口もリフレッシュした気分になり、タイミングは歯磨き後に噛むと唾液が促進され、再石灰化も期待できます。甘味料が100パーセント使用しているガムを噛んでください。

◆おすすめのガム

【歯科専用】キシリトールガムボトルタイプ90粒

キシリトールガム ボトルタイプ90粒出典 http://www.amazon.co.jp/

4-3 デンタルリンスを使おう     即効性☆☆

デンタルリンスには殺菌や保湿成分が含まれているので口臭にも効果的です。刺激が強く感じる方は、ノンアルコールタイプを使ってください。

◆効果的な使い方

寝ている間は唾液の分泌量が少なくなるので、就寝前に使用するのがポイントです。汚れを完全に落とせるわけではないので、歯磨きはしっかり行いましょう。

◆大人向けのデンタルリンスおすすめ

GUM(ガム)デンタルリンス(レギュラータイプ)960ml (医薬部外品

GUM(ガム)・デンタルリンス (レギュラータイプ) 960mL出品 http://www.amazon.co.jp/

◆子供向けのデンタルリンスおすすめ

GUM(ガム)デンタルリンス こども (ノンアルコールタイプ)

GUM(ガム)・デンタルリンス こども (ノンアルコールタイプ) 250mL出品 http://www.amazon.co.jp/

マウスウォッシュやデンタルリンスについてもっと知りたい方におすすめの記事
「虫歯や歯周病、口臭を予防するマウスウォッシュの効果を解明」

4-4 正しい磨き方とデンタルフロスを使おう 即効性☆☆

歯垢が歯に残っていて、臭いを発生させているのかも知れません。正しい歯磨きのやり方を知っていれば、口臭だけでなく虫歯予防や歯周病予防にも繋がります。

正しい磨き方に関しては「虫歯になる磨き方と正しい歯磨きのやり方」をご覧下さい。

とくに、磨き残しをしてしまうのが歯と歯の間です。歯の間に汚れが残っていると、臭いが発生している可能性が高いので歯間ブラシやデンタルフロスを使用すると改善出来ます。使用することで、歯ブラシだけの除去率が約60%に対して約80%までアップするので使ってみましょう。

◆おすすめのデンタルフロス◆

・初心者の方 

ワックスが付いている物だとすべりが良いのでやりやすいです。

GUM(ガム)デンタルフロス(ワックス)40m

71p9MP6czLL._SY450_出典 http://www.amazon.co.jp/

・糸巻きタイプが面倒な方

デンタルフロスF型の手に持つタイプ

GUM(ガム)・イージースルーフロッサー 12m

GUM(ガム)・イージースルーフロッサー 12m出典 http://www.amazon.co.jp/

奥歯の汚れを取るならY型タイプ

F型だと入りにくい奥歯もやりやすい

クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 18本

クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 18本出典 http://www.amazon.co.jp/

デンタルフロスの使い方を知りたい方におすすめの記事
「初めて使う方は必ず見て下さい、デンタルフロスの正しい使い方」

4-5 レモンや梅干を食べよう     即効性☆

レモンや梅干にはクエン酸が含まれていて口臭に効果的です。なぜクエン酸が効果的かというと殺菌力と唾液を分泌させる働きがあるからです。

また、クエン酸は疲労回復や血流改善にも期待できます。

◆クエン酸の注意点 

クエン酸を大量に摂取すると、歯のエナメル質を溶かす可能性があるので注意しましょう。

4-6 水分補給はこまめにしよう    即効性☆

水分不足になってしまうと、唾液の分泌量が減ってしまいます。唾液は口内の菌を殺菌する作用があり、悪玉菌が増えるのを防いでくれます。水分補給をする際におすすめの飲み物がお茶です。お茶の中に含まれるカテキンという成分は、殺菌力があるので口臭を防ぐことにつながります。

また、コーヒーを飲むとPHを酸性にするので、口臭がひどくなる口内環境になってしまいます。飲んだ後はお水やガムなどを食べると良いでしょう。

5.歯医者さんで口臭を治す方法

5-1 虫歯を治療して口臭を治す

虫歯が原因で口臭が発生しているのであれば、治療しなければ改善されません。虫歯菌はガスを発生するので口臭がひどくなってしまうのです。虫歯そのものが口臭の原因であれば、治療に伴って改善されます。

虫歯治療をお考えになった方におすすめの記事
「虫歯の治療費!私の治療はどのくらい掛かるの?」

5-2 口臭外来で治療する

口臭外来とは口臭専門家に診療を受けることです。体内に異常がある場合は、内科と連携して治療を行います。レントゲン検査および口腔内検査、口臭測定器や尿検査など原因を特定して治療に及びます。

費用は自費治療になり、約5万円程度だと考えていただければと思います。

◆口臭外来の流れ

口臭外来治療の流れ
口臭外来についてもっと知りたい方におすすめの記事
「口臭外来での口臭治療の仕方と自分で行う口臭の予防と改善策」

地元で口臭の相談ができる歯医者さんの検索はこちら

6.まとめ

今回、紹介した内容は一時的な対処療法になり、根本的な解決にはなっていません。虫歯だけでも口臭を引き起こす要因の一つになりますので、先ずは虫歯の有無を確認してもらいましょう。

また、治療後に口臭がする方は虫歯以外の可能性もあるので、近くの病院で診察を受けてみてください。

口臭に関しては専門家がいるので、費用が高くても治療したい方は口臭外来が良いでしょう。

口臭チェック方法について知りたい方におすすめの記事
「すぐにできる簡単口臭チェック!不快な臭いの原因は5つある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加