歯の異変

奥歯が欠けた時、すぐにやるべき対処と症状別の治療方法

奥歯 欠けた

59,228view

奥歯が欠けたら、緊急事態です。誰しも焦ります。ただ、正しく対処すれば、治療期間を短くすることができます。状況によっては奥歯を元の位置に戻すこともできるので、落ち着いて対処して下さい。

今回は奥歯が欠けた時の対処方法と治療方法を紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

1.奥歯が欠けた時にすぐやるべきこと

欠けたり、抜けたりした歯に対して、元の位置に戻す治療があります。この治療が成功するかは歯の周りの歯根膜の状態に左右されます。歯が欠けてからの時間が短く、歯の保存状態がよければ、歯は再び定着する場合もあります。欠けてから数時間も経過したり、乾燥させたりすると再植しても定着せず上手くいきません。

歯が欠けたり、抜けたりした場合、欠けた歯は洗わず、学校などには「ティースキーパーネオ」という保存液があるので、それにつけましょう。ティースキーパーネオだと24時間保存が可能です。無い場合は、お口の中に入れ唾液の中につけるのが良いでしょう。飲み込まないように注意してください。

欠けた歯が見つからない場合は、そのまま歯医者に向かいできるだけ早めに歯医者さんで治療を受けましょう。

ティースキーパーネオ

2.欠けた奥歯をそのまま放置することによる影響

奥歯が欠けるというのは一大事です。痛くないから大丈夫だろうと思わず、歯医者さんに行きましょう。欠けた奥歯をそのまま放置していると下記のような症状が起こるので、早めに治療しましょう。

  • 細菌が入り込んで歯茎が腫れ、膿がたまる。
  • 食べカスが入り込んで腐り、口臭が発生する。
  • 腫れ・膿・出血などの歯周病と似た症状がでて、顎の骨が溶ける。

3.状況別でみる奥歯が欠けた時の対処の仕方

奥歯が欠ける理由はさまざまですが、状況によって対処の仕方が異なります。この章では、状況別でみる奥歯が欠けた時の対処の仕方を紹介していきます。

また、欠けてしまった場合はすぐに歯医者さんに予約して、適切に対処してもらいましょう。下記バナーから、おすすめの歯医者さんを探すことができます。ぜひご覧ください。

ネット予約バナー_ネット予約_歯が欠けた

3-1 虫歯で奥歯が欠けてしまった場合

虫歯は小さな入口から中で大きく広がっていきます。表面の部分だけが残り、食事などで硬いものを食べたりして、奥歯が欠けることがあります。欠けた奥歯をそのままにせず、早めに歯医者さんで虫歯の治療を行ってください。

3-2 治療中の奥歯が欠けてしまった場合

治療途中の歯は、歯の強度が通常よりも弱くなっているために硬いものが当たると欠けてしまいます。特に根の治療中は噛まないようにしてください。また、治療途中の歯をそのままにしていると歯の弱い部分が細菌に感染し、虫歯のスピードが早くなってしまいます。

3-3 セラミックが欠けてしまった場合

セラミックは欠けてしまうことがあります。欠け方が小さければザラザラした部分を整えることで対処できます。大きく欠けてしまった場合は部分的にセラミックを詰めるか、治療のやり直しが必要になってきます。

3-4 歯ぎしりで奥歯が欠けてしまった場合

歯ぎしりで奥歯が欠けることもあります。欠けた部分が小さければ、歯を整える程度で治療が終わります。大きく欠けた場合は歯に被せ物をしたり、詰め物をして対処します。欠け方によっては神経が死んでしまったり、奥歯が大きく割れてしまったりすることがありますので、その後はマウスピースで保護する必要があります。マウスピースは保険が適用されるので、5000円程の費用で治療が可能です。

3-5 被せものが取れてしまった場合

取れた詰め物を無理に戻したり、接着剤で付けたりするようなことはしないで下さい。無理に戻そうとすると詰め物が変形したり、残っている歯が割れたりします。接着剤で詰め物を付けると歯と詰め物の間に隙間ができてしまいます。その隙間から虫歯が進行するようなことがあります。取れた詰め物は容器に入れて、歯医者さんに持って行きましょう。

3-6 奥歯が根元から折れてしまった場合

歯周病が進行すると歯茎が下がり、歯の根元が出てきます。この部分は歯の上の部分に比べ、虫歯になりやすい部分です。虫歯が進行すると根元から歯が折れてしまいます。折れてしまった奥歯は付けることはできませんが、根が残っていれば被せることができます。

3-7 奥歯が抜けてしまった場合

ぶつけた衝撃で歯ごと抜けてしまうことがあります。歯が抜けた場合は乾燥させてはいけません。歯が乾燥した状態だと約20分で歯根膜が死んでしまい、治療が難しくなります。なので、抜けた場合は乾燥させないようにしましょう。

歯医者さんでは歯を抜けた部分に戻し、2週間ほど固定をします。神経は死んでしまうこともありますが、乾燥させずにしっかりと対処した場合、歯は残せることが多いです。

4.まとめ

奥歯が欠けるというのは一大事です。自分で大丈夫だと思わず、すぐにかかりつけの歯医者に連絡してください。夜間や連休でかかりつけの歯医者さんに連絡がつかない場合は、地域によって夜間休日診療所があるので、そこに連絡をしましょう。緊急に処置が必要かどうかなど対応策を教えてくれます。